アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 177
  • 読者 62
  • 昨日のアクセス数 1262

「オレはまだ、結婚なんて考えられない。」

しおりをはさむ

2017/09/10 07:16:50

  • 7
  • 0

この北海道旅行で見えたこと。
それは、「彼は不倫に走る前ほど、私のことを真剣に考えていない」ということだった。

初日の夜の出来事。
パブから帰り、部屋で二人きりになった時。
「私、今日が誕生日なんだよ」
と言ってみた。
彼はそのことを初めて知った、という反応だった。
「そうやったんか。
知らんかったわぁ」
返事は、その一言だけだった。

先月の彼の誕生日、私は彼が欲しがっていた財布をプレゼントした。
でも、彼からは何のプレゼントもなかった。
旅行の最中にサプライズがあるのかな、とか期待してみたけど、期待しただけ損だった。

最終日の出来事。
札幌の街がよく見える展望台にて。
その日もよく晴れていて、景色は最高だった。

「このままずっと、芳樹さんと一緒にいたいな」

遠回しなプロポーズのつもりだった。
彼は全く気付くそぶりがないので、次は直球で言った。

「芳樹さんと結婚したいな!」

すると、彼の顔がみるみる凍りついた。

「オレはまだ、結婚なんて考えられへんわ」

沈黙の後、返ってきた言葉がこれだった。

「そう、だよね。
まだ復縁して、3ヶ月だもんね。
無理もないよね。
私とのことは、これからゆっくり考えてくれたらいいから」

やっとの思いで、私はこう返した。

それから関西へ帰るまでは、私にとって地獄のような時間だった。
頭の中を、色々な思いが巡る。

まだ復縁して直ぐだもの、無理ないわ
いやいや、去年は結婚するつもりでいたはず
結婚する気がないなら、どうして復縁したいなんて言ったの?
「まだ」考えられないのだから、彼が考えられるまで待つしかないじゃない
私だってもういい年なんてだから、早くしないと行き遅れちゃう

飛行機の中で彼が寝てしまってからは、ずっとこんなことを考えていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3