ブログランキング19

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 1440
  • 読者 398
  • 昨日のアクセス数 10325

2017/09/07 07:21:15

  • 54

玄関を出たところで

桐谷さ〜〜ん、おやすみ!

なんて大きな声を出して、トシコさんにパコんとされながら帰って行った。

片付けるからお風呂をどうぞって言ったのに、やたらと纏わり付いてくる先生。

あの時、ドキッとしたんですよ。

なんの時?

半分この時です。でもそれが嬉しかったのは言えませんでした。
あの時、ケイちゃんはリクの奥さんだったからね。

あ、でもリクはなにも言わないと思いますよ。

そうかな、僕はリクに嫉妬したけど。
このまま、ケイちゃんを帰したくないって思ってました。

だって先生、すごく弱々しく見えたから、それに、なにも考えていなかったし。
うまく言えないけど。

リクが大事なのと、先生が大事なのは違ってたような気がする。
いけない事だった?

リクに嫉妬したけど、すまないとも思いましたよ。僕がリクなら複雑な気持ちになる。

でも私‥‥‥‥うん、先生だからだよ。他の誰でもない先生だから。
リクならわかってくれる。

お風呂、入りましょうか。
髪を洗ってあげる。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 434

    09/07

    そう、先生と初めてキスしたのはおかあさんが亡くなった時、あん...

  2. となりの部屋があいていたから、片付けをしながら先生といろいろ...

  1. 630

    10/05

    残ったスープに、おにぎりをひとつ。緒方さん、よかったらこ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3