ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3318
  • 読者 729
  • 昨日のアクセス数 15918

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/11 12:54:26

  • 82
  • 0

「どーしたの、それ。」

翌日…左の頬骨辺りを青くした僕に、聖子が驚いた。

そうだよね…

ケンカとかに無縁だしね…

「…自動ドアだと思って歩いたら、手動で…」

頬を押さえながら苦笑いすると。

「ぷはっ!!まこちゃん、どんくさいな~もう!!」

聖子は大げさに笑いながら、僕の背中を叩いた。

「おまえ、それ結構な当たりだったんじゃないのか?」

光史君は、僕の顎を持ってジロジロと頬を見る。

…う…殴られたって…バレないかな…

「おはよー…って、まこちゃん、どうしたの…それ。」

知花にも同じ事を言われて。

「あっ、知花。聞いて聞いて。まこちゃんたらさーあ…」

聖子が笑いながら説明する。

「えーっ…うわあ…痛そう。大丈夫?」

「うん。平気。」

聖子と知花、二人は親友だけど、ほんっと…タイプは全然違う。

でも、バランス良くて居心地いいんだよね…。

「おーっす……まこ…ケンカでもしたのか?」

陸ちゃんとセン君が来て、やっぱり僕の頬を見て言った。

「自動ドアとね…ぷっ。」

「聖子。まこちゃん可哀想だよ。」

「だーって、らしくて笑えちゃう。」

知花、フォローしてくれなくていいよ…

ほんと…

僕は今、笑われるぐらいがちょうどいいんだから…


それにしても、やっぱり目立つかな…って事で、バンソーコーで隠す事にした。

殴られたって言っても、ドアにぶつけたって言っても…

どっちもカッコ悪いし。


それより…

朝一で眼鏡屋に行ったけど…すぐには直せないって言われた。

一応預けたけど…真珠美ちゃんに前のメガネを使わせるのも、新しいメガネを買わせるのも悪い。

もし、直らなかったら…って考えて、真珠美ちゃんに似合いそうなメガネを買った。

何とか連絡がつくようにしなくちゃ…

だけど…

残念な事に、苗字を聞き忘れた。

またバスに乗ったら会えるかな…


今日は顔出ししてない僕らの、顔出しなしのPV撮影の打ち合わせ。

バックショットとか、手元とか、スクリーン越しとか…

顔出しなしのPVは、CDの付録。

ちなみに…もしかしたら、いつか何かのために…って気でもあるのか。

高原さんは、僕らの顔出しのPVもずっと撮り溜めてる。

それは、僕らも見た事はないんだけど…

どんな風に編集されてるのかな。


打ち合わせが終わって、僕は高原さんに呼び出された。

会長室で譜面を渡されて、それを見ると…すごくいい曲!!

どうも、誰かのために高原さんが書いたらしくて。

それを、僕に弾いてくれないかって。

すごく名誉な話に、舞い上がった!!

レコーディングはまだ先らしいけど、僕なりにアレンジして構わないって言われて…

じゃあ、いくつか用意してみますって話して…

すごく、すごく嬉しかった。

嬉しかったけど…


どこかに、ポッカリと空いたままの穴は…

それでも、埋まらなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 41st 59

    09/12

    「もう…邑さん、人の仕事をそういう風に言うの、カッコ悪いって...

  2. 41st 13

    09/10

    「まこちゃん、クッキー食べる?」ルームで譜面を並べてると...

  1. 25th 9

    06/24

    音楽屋の前を歩いてると、少し先にある『ダリア』から、見た事の...

  2. 41st 52

    09/12

    「……」全員が立ったまま無言になってると。「なんだ。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/20 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3