ブログランキング21

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3748
  • 読者 777
  • 昨日のアクセス数 8654

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/11 00:17:25

  • 96
  • 0

「……」

「……」

「…おい、誰か止めた方がいいんじゃねーか?」

俺がそう言うと、スタジオを覗いてた聖子と知花が振り返った。

「…そう言うなら、あんたが止めて来てよ。」

聖子に目を細めて言われたが…

何となく、理由が鈴亜の事に違いないと思えて、足がすくむ。


今日、俺達はリハはないが…

取材の後でフラッといなくなったまこが、帰って来てからずっっっっっ……と、スタジオでピアノを弾いてる。

それも…もう二時間ぶっ続け。

「…まこちゃん、クラッシックなんて弾くんだね…」

かすかに漏れてくる音を聴いて、知花が言った。

元々クラッシック畑にいたまこだが…

バンドを組んでからは、俺達の前でそれを弾く姿を見かけた事はない。


「あれっ…まだ弾いてんのか?」

帰り支度万端のセンが、俺の後ろから小窓を覗いて言った。

「ああ…指がイカレちまわねーかな…」

俺が心配そうに言うと。

「…ま、たまには無茶したい時もあるもんだよ。ほっといてやろ。」

意外にも、センはそう言って。

「じゃ、お先に。」

手を上げて帰って行った。

無茶したい時もある…か。

「……それもそうだな。」

俺は小さくつぶやくと、かぶり付きで眺めてる聖子と知花を残してその場を去った。


陸は嫁さんと出かけるからとか言って、早くに帰った。

俺もたまには瑠歌を外食にでも連れて行ってやろうかな…なんて思いながら事務所を出ると…

「…鈴亜?」

事務所の外に、鈴亜がいた。

「…お兄ちゃん…」

「…何やってんだ?」

とりあえず…まこの事は…本人が言うまでは、何も言うまいと思って問いかける。

「…ううん…ちょっと、通りがかったから…」

時計を見ると、六時。

確か親父は今日…オフのはず。

「おまえ、こんな時間にウロついてたら、親父に叱られるんじゃねーか?」

鈴亜の頭をポンポンとして言うと。

「…どうして父さんに叱られるの?」

鈴亜は不思議そうな顔で言った。

あ。

そうか。

親父…まこには門限を言い渡したクセに、自分が門限を出したって鈴亜には言ってないんだっけな…

門限を破って叱られるのは、鈴亜じゃなくて…まこだ。

「…親父、おまえの事可愛くて仕方ないからな。」

「……」

「…帰らないのか?」

動きそうにない鈴亜の足を見て言うと。

「…ううん…帰る…」

鈴亜は元気のない声で言った。

まこを待ちたいのかもしれないが…

今日は無理な気がする。

あんなに集中してクラッシックを弾いてるまこ…

下手したら、倒れるまで弾きそうだ。

ま…センの言う通り…

無茶したい時もあるよな…。


「おまえ、勉強してんのか?あっと言う間に受験だぜ?」

鈴亜の隣を歩きながら言うと。

「…そうだね…」

めちゃくちゃ暗い声。

俺が知ってる限り…人生最大の落ち込み方をしている鈴亜な気がした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 40th 41

    09/03

    「ま…待て…」俺は額に手を当てて…眩暈を抑えた。今…...

  2. 41st 11

    09/10

    「ふう…やっと酔っ払ったわね…」聖子が汗を拭く素振で言っ...

  1. 「ありがとう。もういいよ」ベンチから足を下ろした亜湖...

  2. 41st 8

    09/10

    「今日のまこちゃん、鬼気迫るものがあったと思わない?」帰...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 友人の子供を注意してもいいか
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3