ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3321
  • 読者 727
  • 昨日のアクセス数 13731

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/10 22:53:50

  • 86
  • 0

「……」

ずっと…ハッキリさせないまま、ずるずるとここまで来た。

で…

やっと…なのかな。

決定的な場面に出くわした。


事務所の近くにあるバイクショップの前。

鈴亜が、ヘルメットを持って…邑って人のバイクに寄りかかってる。

その隣には、友達もいる。


僕がそれをずっと見てると…鈴亜と目が合った。

「あ…」

鈴亜はヘルメットを落として…呆然と僕を見てたけど…

…何だか、笑えてしまって。

僕は、小さく笑うとショップとは反対方向に歩いた。

すると…

「まこちゃん。」

背中に、鈴亜の声。

今まで聞いた中で、一番の低さだな…なんて思った。

「……」

呼ばれたから…立ち止まった。

そして…呼ばれたから…振り返った。

「何。」

もしかしたら、僕も今までで一番低い声だったかもしれない。

人間って不思議だな。

楽しい事があると、キーは高くなるのに。

怒ったり悲しかったりすると…どうして低くなるのかな。


「あ…あ、何って…どうして声かけてくれないの?」

鈴亜は…可愛い顔はどこへやら…

動揺と、戸惑いと…何だろう…怒り…?

「……」

どうして声かけてくれないのか…って…

それは…

鈴亜が他の男と僕、二人と付き合ってなければ…声もかけれたかもしれないけど…

「すぐ、そこにいたなら…声かけてくれてもいいのに…」

…鈴亜にとっては…普通の事なのかな?

そう思うと…また笑えてしまって。

「…そうだな。」

つい、小さく笑って言ってしまった。

だけど、それが鈴亜は面白くなかったみたいで。

「あたし…あたし、別に悪いことなんかしてないからね。」

急に、強気な態度でそう言った。

別に悪い事じゃない…か。

確かに…もし、鈴亜が正直に話してくれてたら。

男友達に、バイクに乗せてもらうんだ。って…話してくれてたら。

僕はきっと、えー、いいね。って…言えたと思う。

だけど…鈴亜は何も言わなかったし…

彼は男友達じゃなくて…鈴亜に本気になってる男だ。


「誰がそんなこと聞いた?」

「まこちゃんの目が、そう言ってるわよ。」

…もう顔に出ちゃってるか…


「…これが、鈴亜の言う、青春?」

「悪い?」

「……」

そっか。

鈴亜の言う青春は…

彼氏に内緒で、バイクに乗せてくれたり、キスしたり、本気になってくれる相手を持つ事…?

もう、それって立派な二股だよね。


不思議と、鈴亜に対して腹が立つと言うより、自分自身が情けなくなった。

恋人の目を自分に向けさせていられない、僕の魅力不足。

確かに、彼は男らしくてかっこいい。

…僕には、ない。

そして、誰かを好きになる事を…止める権利は、恋人にだってない。

単なる…僕の力不足だ。


「…もう、終わりにしよう。」

何の自信も無くなって、下を向いたままそう言う。

「……え?」

「お互い、その方がいいだろ。じゃあ。」

「ち…ちょっと待って!!」

もうダメだ。

神さんには、退くなって言われたけど…

もう全然自信が持てないや…


「終わりって…」

歩き始めた僕の腕を取って、鈴亜はさっきとは違う…困った顔。

「…そういうことだよ。鈴亜は、俺とじゃだめなんだろ?」

つい…『俺』って言ってしまった。

似合わないって自分で思ってたけど、そうでもないなー…なんて。

こんな時に、何考えてんだろ…

「だ…誰もそんなこと!!」

「…俺と結婚することは、青春を終わらせることなんだろ?」

「…あ…」

鈴亜はショックな顔をしたけど…

大丈夫だよ。

彼が慰めてくれるはずだから。


「…友達が待ってるぞ。」

鈴亜の髪の毛をクシャクシャっとして、歩き始める。

…これはこれで…最後に男らしく出来たんじゃないのかな…

って。

そんなのどうでもいいよ。


もうこれで…いいんだ。

誰かと自分を比べる僕が弱かっただけ。

鈴亜には…

あの人の方が似合ってる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 41st 9

    09/10

    うどん屋で見かけた…鈴亜を好きだと言う『邑』という男。僕...

  2. 41st 45

    09/12

    「まこちゃんちに挨拶に行く時って、何着て行ったらいいのかな。...

  1. 41st 15

    09/10

    あたしの名前は高橋佐和子。桜花高等部の三年生。すっご...

  2. 41st 39

    09/12

    鈴亜の言葉に、全員が口を開けた。僕だって…鈴亜、そん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3