官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 437
  • 昨日のアクセス数 494

#3 俺、怒ってるよ4

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/07 00:24:55

  • 16

テツ「そんな勝手なこと、許さないよ」


テツは舐めるのをやめた。


そして、自分のズボンを素早く脱ぎ捨て、そのまま勢いよく、自分の大事なそれを、未央の大事な穴に突き刺した。


未央「はあぁんっ!!あああんっ!」


先ほど、未央はイッたことで、かなり締まりが良い。


未央も感度が高まって、興奮が抑えきれない。



テツは力強くつく。


未央「あぁあああっん!やばいよっ!はぁああっ!あぁあっん!‥」



テツも、エロすぎる未央をずっと見ていた時点で、もう既にやばい。限界だった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 未央「はぁ‥はぁ‥はぁ‥」高木「未央、こっちきて、俺...

  2. いつものように高木は未央にキスをし、胸を揉み、乳首を攻める。...

  1. テツは未央を四つん這いにさせた。テツは膝をつき、後ろか...

  2. テツの中の何かが外れてしまった。自分の中のショックを忘...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3