官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 796

#3 俺、怒ってるよ3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/07 00:24:39

  • 17

テツの中の何かが外れてしまった。


自分の中のショックを忘れるかのように、夢中で未央のGスポットを刺激する。


未央「あぁあっん!はぁあっ!あああんっ!だめぇ…激しいっ!テツッ!あぁっ!ぁん!あん!」


未央は立ったまま攻められたことがない。


足がガクガクしだした。


テツは続けて、左手で未央の胸を揉みしだき、舌で乳首をベロベロと舐め回し、

右手で未央の膣の中を指でぐちゃぐちゃにかき回した。



未央「あぁあああんっ!だめぇっ!!はぁあああっ!イっちゃう! テツ! イっちゃうよ!!はぁああ‥あっ!! イクゥッッ!!」


未央が絶頂を迎えるのに時間はかからなかった。


未央「はぁ‥はぁ‥はぁ‥はぁ‥」



テツは、そんな未央を、間髪入れずに、今度は床に寝かせる。


上から覆い被さる。



テツ「そのピアス、無駄にチラつく…。目障り。」



テツはそっと未央の耳に手を持っていき、優しく外してから、捨てるかのように雑に放り投げた。



再び熱いキスを始めるテツ。


今にも未央の口を丸ごと食べてしまいそうだ。


ちゅっ‥くちゅっちゅ‥ん‥はぁ‥くちゅちゅ‥ん‥


珍しくテツの吐息も漏れる。


未央「あっ‥んっ‥ちゅっ‥んんっ‥はぁ‥」



そして、下に行き、胸を揉み、舐める。



未央「はぁ‥はぁあ‥んんん‥あぁはぁ‥」


どんどん下に行きアソコを激しく舐め回す。


ジュルジュルジュルジュルッとわざと音を立てる。


未央「ああああっ!!はぁっあんっ!!」


テツは、ジュルジュルと吸い込んだと思ったら、今度は舌全体を大きく動かし、ヒダの全部をベロベロと刺激した。


未央「あぁああんっ!はぁあっ!!あん!あん!‥」


舌のザラザラとした部分が未央を刺激する。



テツは小刻みに、吸い込む、舐める、を繰り返した。


未央「はぁあん!!だめぇぇっ!!!またイっちゃう!!あぁああんっ!はあぁあん!」

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 高木は胸を揉みながら、乳首を舐め回している。未央はされ...

  2. テツは未央の胸の間に顔を埋める。左と右の胸で挟むように...

  1. 玄関で、未だに立ったままのふたり。テツは頭が無茶苦茶に...

  2. テツは未央を四つん這いにさせた。テツは膝をつき、後ろか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3