今日が最後かもしれないから。

不倫から始まった、人生最後の恋をしています。

  • 記事数 371
  • 読者 1431
  • 昨日のアクセス数 4562

やっぱり。

しおりをはさむ

2017/09/06 20:35:13

  • 161

彼の家のリフォーム
娘家族の引っ越し
私の引っ越し

やらなきゃいけないことが山積みの中
仔猫の保育園みたいになっちゃって(笑)

迷いに迷って キッチンの色を決めるのが精一杯だった。


「サキが使うんだからサキが決めて」

初めは遠慮してたけど、ここは甘えよう。

やっぱり白は憧れだけど
赤(えんじ色?)も素敵だし
オレンジもいいし

初めての IHと食洗機
ビルトインのシステムキッチン
嫁入り道具の食器棚…捨てなきゃ。




朝早く…何故か毎朝4時…
目覚ましが鳴る前からの チビ猫ちゃん達の大合唱は
一匹、また一匹、新しいお家に旅立ち
少しずつ静かになった。

残った女の子は
彼が最初から一番 気に入ってた子。

「この子、絶対美人になるよ(笑)」
「喧嘩は強いけど甘えん坊だし」

そうだね。


「似てる」

え? 誰に…?


私の問いかけには答えずププッと笑いながら

「うちの子にしない?」

……

やっぱりね……


「俺と、サキの子供〜(笑)」


そう言いながら
猫じゃらしとビニール袋で
チビ猫ちゃんを虜にしていた。

「ね、うちの子になる?」

チビ猫ちゃんは
ニャー と鳴いた。

「ほら、ニャーって」


彼の笑顔に
負けた。

チビ猫ちゃんと遊ぶ、彼の楽しそうな顔。

私は
今よりもっと忙しくなるんだろうけど
小さな命を守るため
また、頑張ろうかな。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3