想いの果て

心が晴れやかになることを、道標にしたい!

  • 記事数 630
  • 読者 70
  • 昨日のアクセス数 245

恐れない勇気を、、、、

しおりをはさむ

2017/09/06 17:59:36

  • 9
  • 6

恐れとは、、、幸せから遠ざける感情だと
私は思っています。

色んな自分の感情と向き合った時に、、、
さて、どうやって立ち向かうかな~と
考える訳ですが、、、、

性質が悪いのは「恐れ」

老いる恐れや
失う恐れ
不安=恐れ

その時はその時、、、なんです。

学習能力なんて、こんな時な役立たずで
経験値もあったらあったで、、、、、、、
常識的に思案することで、、、
下手すると恐れに拍車がかかってしまう。


多数派の意見に流されてしまうことで
自分らしくいられなくなる。
幸せな気持ちから遠ざかる。

してはいけない事の1つは
結果が出る前に
決めてしまうことなのかもしれない。
こうなるであろうと予測すること、、、!


予測をする意味って
前もって準備できるから?のなはずだけど

前もって準備って、、、?

恐れと不安に包まれることなのか?

不安になりながら、
前もって出来ることなんて数少ない。

気持ちが萎えてしまうのは、、、論外だ。

気持ちの持ち方なんて
もっと自己中心的でいいんだ。
自分の人生なんだもん。

気付くの遅すぎ、、、、

かなり大勢の人が出来ていない気がする。。。
不安を回避する術は、、、
知識でもなく経験でもなく

本来持っている性格と底力のような
先天的なものなのかもしれない。

決して鈍感になることじゃなく
健やかなココロの在り方を守りたいものだ。。。。

同じテーマの記事

コメント6

しおりをはさむ

  1. サラさん(77歳)ID:6595534・09/07

    危ない時に、、「恐れ」は使うべきでしょうね。
    パニック映画だと、、、恐れて動けない人達がいて
    正義の味方の足を引っ張ってるとかありますけどね~
    で、、助ける側が死んじゃったりね。。。

    自己防衛しながらも冷静な判断、、、どちらにしても勇気は必須です。
    けど、、チーコさんは思い切りがよさそうなので、、、
    生命の防衛本能は、、、案外なかったりして。。
    私もだけど、、、、。

    どんな感情も生かすも殺すも。。。。自分次第なのでしょうね。。(^_-)-☆

  2. サラさん(77歳)ID:6595533・09/07

    ひろこさん

    ひろこさん達はもっと深いところで結ばれていると思います。
    ただ、どんな事にも光と影があるので、、、いい面と悪い面
    ひろこさんの心情次第で、どちら側から見るからによって
    違って感じてしまうのでしょうね。

    もはや、、、苦しみさえ、いい意味でスパイスになっているのでは?

    男女の脳の違いは、、、どうにもならないことですよね。
    生物学的にミッションが違うので、、その為に脳は無意識に働くという
    細胞レベルのお話しなのかも。(^_-)-☆

    永遠に交わらないから、交わろうとする。。のかもですね。

  3. チーコさん(99歳)ID:6595490・09/07

    サラさん、本当だ!!怒りはばねになり、エネルギーにもなるものね(≧∇≦)

    でも、恐れって 人間の永遠の課題のような気がします。

    恐れのおかげで、危ないものから身を守れてるのが 原始的な感覚だと思うけど、人は複雑にものを考えられるようになったぶん、自分を守るはずの恐れを自ら作り出して、自分を破壊しそうになってしまう。

    常に、恐れを認識し、それが大事な恐れなのか、自分で作り出した恐れなのか、検証出来る自分でいるしかないのかな〜〜。

    難しいわ〜〜(^◇^;)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 今までの人生で出会った男性のほとんどが不安にさせたり、どう...

  2. もっちぃを引き取って気付いた事がある。幸せにしたい。...

    restart

    • 49
    • 0
  1. 不安

    02/14

    私、常に不安と戦ってきた人生だなーとふと思いました。本当...

  2. なんなんだ?このリョウジとカヲルくんの「お見事!」としか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3