ブログランキング66

paradox

好きな人はサイコパス ☆フィクションです☆完結しました! 番外編をゆるく書いてます。

  • 記事数 764
  • 読者 792
  • 昨日のアクセス数 7498

番外編・命令

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/06 14:41:05

  • 89
  • 0

ドアを開けたのはボーイをしてた楊って男で
バリケードに一瞬驚いたような顔をした。



『仲川君、何これ。』


楊の後ろからユウキの声が聞こえる。



『…………………』

『ふざけてんの?さっさとこれ片付けてよ。』


ユウキは物騒なでかいナイフの刃を出したり閉まったりしながら言った。






『片付けて、大人しくあんたに殺されろって?』


動けない俺を押し退けて、川戸がぐいっと前に出てきた。



『黙れ偽物。』

『そっちが勝手に間違えたんでしょ!』




…………間違えたのは俺達だけど……




『私達に構ってないで逃げる支度でも始めたら?』


『逃げる?』


『あんた達のやってることなんてバレてるのよ。
もうすぐここの元締めの組員が来るわよ!』



楊がチラリとユウキを見た。






『楊。』


ユウキが楊に何かを耳打ちすると、楊はフロアの方へ行ってしまった。




『最後の命令だから
違える訳にはいかないんだ。』


独り言の様に、ユウキが呟く。



楊が戻って来た。
手には赤いポリタンク。




『お前を殺す。それ以外はもうどうでもいい。』


『………ちょっと!』




楊がタンクの蓋を開けた瞬間に、ガソリンの臭いが辺りに充満した。





『焼き殺せ。』




ユウキが言うと、入り口のバリケードに楊がタンクの中のガソリンをドボドボとかけた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それから1時間ほどでケイスケが帰宅。私がバタバタと夕食作...

  2. もし声を出したらマサユキに殴られそうで怖かった。ト...

  1. 『えーと。俺のこと?』金髪男はポリポリと頭をかきながらこ...

    paradox

    • 65
    • 2
  2. 『喋らない様にって………』それってつまり……『...

    paradox

    • 109
    • 10

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3