官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 959

#3 あつい夏10

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/06 08:58:13

  • 15

未央「それにしても、すっごく楽しかったよ!久しぶりにあんなに笑ったー!」


最後まで楽しそうな未央をみて、高木は嬉しかった。



高木(こいつも楽しめたなら、誘って良かった。)


高木「やっぱさ、お前は笑ってる方がいいよ」


少し自信のなさそうな声で話しかける。


未央「え?」


ふたりは駅のロータリーに着いた。


未央「じゃあ、月曜日に、会社でねっ!」


高木「おう、気をつけて帰れよっ!」


未央「うん!」


一瞬、見つめ合う時間が流れる。



高木は気持ちを抑えられず、未央の腕を引き寄せ抱きしめた。



未央「え?高木?」



高木「佐々木、俺さ…。お前のこと…


『 おいっ!!! 』


一台のバイクが目の前に止まる。



高木(なんだよ、DQNかよ、面倒くせぇなぁ。)



フルフェイスのメットを外すテツ。



テツ「お前、誰だよ!?」



高木「はぁ?」



未央「テっ…テツっっ!!???」



高木「えぇっ!?」

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. It was devastating news - powe...

  1. On July 1, 1867, Canada became...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/20 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3