官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 437
  • 昨日のアクセス数 634

#3 あつい夏5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/05 16:44:14

  • 23

その頃、テツは空港にいた。


テツ「あー、やっと着いた。疲れた〜。てか、ここからどうしようか。未央、車ないしなぁ…。 あ。」


テツは何かを思いつく。


プルルルルルル…プルルルルルル…


ガチャ


「はーぃ?」

やる気のない声。


テツ「あ、美香?俺。今日、帰って来たんだけどさ、、、ちょっと、空港まで迎え来てくんない?」

ちょっと、下からな控えめな声で話すテツ。


美香「あー、いいけどー。今からじゃ、結構かかっちゃうよー?」



テツ「全然、大丈夫。待てる。じゃあ、よろしく。」


美香「はいはい。何か、おごってねー。じゃー。」


ガチャ


テツはゆっくり、美香の迎えを待つことにした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 149

    07/27

    「奈月ちゃん!」待ち合わせ場所に着くと、美香さんはもう着...

  2. テツは、次の日、美香に電話をした。プルルルルルル…プル...

  1. テツの方は、2時間くらいしただろうか、美香が車で迎えにやって...

  2. チビ達は、グズりながらも布団の中にしかぁし!更に事件...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3