アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 179
  • 読者 62
  • 昨日のアクセス数 1075

ステーキハウスマスター夫妻の危機。

しおりをはさむ

2017/09/07 10:12:04

  • 3
  • 0

ある日の昼間、ステーキハウスへランチを食べに行った。
その日は彼は仕事だったので、一人で行ったのだった。

「芳樹さんと、復縁したんですよ」

私はニコニコ顔でそう言ったのだが、マスターの顔色が何やらおかしなことになった。

「うん、よっちゃんから聞いてるで」

そうしてマスターは、ステーキを焼きながら話し始めた。

「そのことでかみさんが怒ってもうてな」

「かみさんは、人妻との不倫の件で、よっちゃんが大嫌いになったんや。
そんな男はこの店に来てくれるな、って言うとってな。
それで、よっちゃんとロザーナちゃんが復縁したって言ったら、ますます怒ってもうて。
それならロザーナちゃんも店に来てくれるな、そういう訳や」

鈴木さんは芳樹さんのことをボロカスに罵ることが、何回もあった。
きっと本気で、芳樹さんのことが嫌いになったのだろう。
そんな嫌いな男と自分の旦那が付き合って欲しくない。
嫌いな男と付き合っている女にも来て欲しくない。
そういうことだろうか。

「かみさん、最近パートを始めてな。
平日の昼間は店におらんさかいに、来るならその時間においでや」

そう言われてみたら、いつもは厨房にいるはずの鈴木さんがいない。
鈴木さんがパートに行くということは、ステーキハウスの経営は上手くいっていないのだろうか。
それとも、鈴木さんなりに考えて仕事を始めたのだろうか。
いずれにしても、何か良くない予感がする出来事だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3