官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 437
  • 昨日のアクセス数 634

#3 あつい夏2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/05 16:39:17

  • 16

そんな中、ある日、未央は仕事で、倉庫内の整理をしていた。



未央「暑い〜…冬は寒くて夏暑いって、ここ最悪じゃーん…」


ブツブツ文句をいいながら、作業を続ける。


ガチャ…


ドアの開く音がする。誰かがやってきた。


未央はドアの方を隙間から覗く。



高木「あれ?佐々木。なにやってんの?」



未央「あ、高木かー。見ての通り仕事です。」


高木「不満、満載の顔だなー。」

ははは、と笑う。



高木は資料を取りきたようだ。


少し話をしながら作業をする。


高木「そう言えばさ、お前、ピアス、開いてないんだな」

(あげたプレゼント、着けてるところ、見たことないんだよなぁ…)



未央「あ、ああ、うん、そうなんだよね〜。」


(…そっか、忘れてた。せっかくプレゼント貰ったのに、ひどい女だなー、私…。)


未央「あ、でも、開けようと思ってたとこなんだ!」


慌てて、合わせようとする。


高木「(マジ!?)そうなんだ、そっか、そっかー。」


高木はすごく嬉しかったが、気にしてないようなそぶりで話す。



高木「そういや、最近、彼氏とどうなの?」



未央「なんか、忙しいんだってー。」


ブーっと口を尖らせる。


高木「へ〜。…あ、あのさ!今度、買い物、付き合ってくんない?」


未央「え?私が?」


高木「う、うん。どうせ暇だろ?」


未央「うん。まぁ、暇だよ…。いいよ、いつがいい?」



こうして、高木は、未央とのデートの予定を手に入れた。


高木(よっしゃー!!これをチャンスに俺が佐々木を貰うぜっ!)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「あ!そうそうコレ。私とお母さんから!」カバンからコウ...

  2. ゴリの謎

    2016/09/06

    へんなの。ゴリが、昨日近づいてきて。初めて乗...

  1. 前回更新したのはもう何カ月も前秋になりましたなんて言って...

  2. 誕生日当日は会えそうになかったから、少し早めに用意して...

    xxMIOxx

    • 46
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3