アラベスク

メルカリと1日1断捨離の記録 アスリート目指すガリガリ高校生息子を応援中

  • 記事数 1306
  • 読者 74
  • 昨日のアクセス数 956

アメブロ

しおりをはさむ

2017/09/05 11:24:58

  • 1
  • 0

昨日から
アメブロのある方とある方の記事にどっぷりハマってしまっています

私のアメブロはIDふたつあって
どっちもパスワードも忘れて読者登録出来ないので

探せなくなる前に
最初から最後まで読んでしまった

ブログは完結していなくてまだまだ続いています

ディープ

人によって同じ事件が身の上に起きたとしても
その重さや受け止め方はまるで違う


私ならどうするか

私ならどうしてたか

今の私なら


子どものためにと養育費(DV関連のブログ)を何年も掛けて争うシングルマザーさん

昨日は
他人事ではないよって事故がすぐ近くで起きて、まだ十代の尊い命が亡くなって

私自身にはなにも起きていないのにとても混乱しています



笑われるかもしれないけど
私は毎年海外の夫実家に帰省するとき
そんじょそこらの海外ではなくかなり遠いので
万が一を考えます

映画数本観る間に機内食、ちよっと寝落ちしたりしてまた見直したりして映画を何本も観ます

戦争映画だとその世界に入ってしまい夢か現実か映画なのかだんだんわからなくなります

義実家は
治安は一見良さそうですが日本とはやはり比べものにならない
一人では真っ昼間しか絶対に出歩きませんし、日本人と丸わかりだからと遠出は許されません

何かあったら
自分がもし行方不明になったら
死んだら
事故に遭ったら
死んだとして、ちゃんと身元がわかって家まで帰れるのか



いろいろ想定して
映画の影響も重なって
日本にいるより
死ぬって事や命の大事にされ方、重さ軽さいろいろぐるぐるになって時差ボケと高速移動での体にかかる負担と全部ごちゃごちゃでふらふらでなにが現実かわからなくなっている時間がだんだん長くなっているように思います

たぶん死ぬ時って
こんな感じの曖昧な感覚がどんどん深くなっていく状態なのかと思っています



なに言いたいかわからなくなってきましたが

感情移入しているのか
わかりませんが

人ってこんな風に傷ついて
体に影響があって
それでも生きなくちゃいけなくて

読んでいてしんどくなってきました


目の前にいる大事な人を大切にしたい

意外と難しいけど

それが生きる意味かもしれません

死ぬってこと自体はあんまり怖くない
私がいなくなっても息子は一瞬悲しむだろうけど
周りに支えられてちゃんとやってく

母もきっと大丈夫
いつもそう思ってる

私はとっても恵まれてる

憎しみより愛をたくさん教えてもらった
夫の家族からも私の知らない形の愛情たくさんもらってる
だから息子の今後はいつまでも応援したいとか
友達といつまでもいつまでも笑っていたいとかそんな欲張りはあるけど
いつ死んでも幸せだったと言える自信はある



でも、、、ブログを読んで

もう少し丁寧に生きよう

そう思った

あと、、、お金よりも
辛いことからはなるべく離れる縁を切るのが平穏への近道とも思う


友達の子どもがまだ子どもの年齢なのに大人になった気で彼氏のDVで母子で悩んでる相談も受けたばっかりで

なんだかいろいろ混乱している今日この頃

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 映画【阪急電車 片道15分の奇跡】を観た。その中のセリフ...

  2. 観てきました。映画。面白かったけど同じ松坂桃李くんだか...

  1. また息子が体調悪い。帰省は夫だけで行きました。看病はあ...

  2. ブログを読んでくださっている方、ありがとうございます。昨日、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3