官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 801

#3 電話で初めて5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/05 08:32:30

  • 22

テツ「未央、心配しなくても大丈夫だからね。俺、未央以外の人と、そういうことしないから。したいとも思わないから。 ね?」



未央「うんっ、わかった。ありがとう、安心した。」



テツ「うん。本当は今すぐにでも抱きしめたいよ‥。もう少し、話していようかっ。」


未央「うんっ」



テツと未央はしばらく話をして、テツが出掛ける時間になり、電話を切った。



未央「恥ずかしかったけど、テツ、すごく優しかった。電話でするのって、想像してたのとちょっと違ったなぁ。

あまり良いイメージはなかったけど、テツとなら、もう一回してもいいかもなぁっ♪」



未央はテツの優しさに浸った。


そして、安心して、ぐっすり眠るのだった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「ユメさん?大丈夫?」羽島さんの部所で働いている私が頼...

  2. 名刺をもらってから、何ヵ月か経っていたから電話して大丈夫...

  1. 今朝の電話で仕事の話になってキヨシさん『◯◯支店が...

  2. was sure having… Girls Time…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 「孫依存」の母に振り回される
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3