ブログランキング12

官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 226
  • 読者 358
  • 昨日のアクセス数 33326

#3 電話で初めて3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/05 00:49:11

  • 7

テツ「未央‥、胸、触るよ」


未央はだんだんと、その甘い空気に酔っていき、少しずつ恥ずかしさが無くなっていった。



未央「うん‥」


テツ「ゆっくり、触るよ‥優しく‥」



未央は、自分の手はテツの手だと想像しながら、テツの言う通りに触り始める。


テツ「未央‥可愛いよ‥愛してるよ‥」


甘い声で途切れないように囁き続けるテツ。



未央「ぅん‥私も‥愛してる‥(少し、気持ちいいか‥も‥)」



テツ「ゆっくり、揉むね‥」


未央「ぅん‥(テツが言葉にするとすごく気持ちいい‥)」



テツ「未央‥舐めていい‥?」


テツがおねだりをする。


未央「んっ‥」

(はぁ‥テツの声がいやらしい‥舐めていい?なんて、ゾクゾクしちゃうよ‥手が‥止まらなくなる)


テツ「ちゅっ‥ちゅ‥」


未央は乳首を触りながら、想像を掻き立てる。


未央「‥は‥ぁ‥(テツがキスしてる‥)」


テツ「未央の乳首、可愛い‥」


未央「はぁ‥はぁ‥ぁ‥」



テツ「未央の声もすごく可愛いよ‥もっと聞かせて」



未央「恥ずかしぃ‥はぁ‥ぁ」



テツ「恥ずかしがらないでいいよ‥?」

‥ちゅっ


テツ「未央‥気持ちいい?」


未央「ぅ‥ん‥はぁ‥はぁ‥ドキドキする‥」



テツ「そうゆうところも、可愛いよ‥」

甘く話し続けるテツ。



テツ「未央‥未央のパンツ‥触るよ」


未央「ぅ‥ん‥はぁ‥ぁ」

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3