アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 578
  • 読者 25
  • 昨日のアクセス数 336

テーマ:小説 > 短編

2017/09/04 22:30:30

  • 0
  • 0

初めて家に案内された。
白をベースにした部屋。
アンティークなソファなどある。
「マリ、こっちにきて」
ついて行った先には大きなクローゼットがあった。
「これ、見ていいよ。きっと気に入る」
「見ていい?ありがとう」
私は言葉に甘えてクローゼットを開けた。
クローゼットにはドレスが色々入っていた。
「すごい。このドレス、手作り?」
「そう。昔デザイナーだったから色々お客さんの
要望に答えられるものを作っていた。僕のなかの
お気に入りだけ取っておいた。マリ、着てみて。
僕は出ていくから、着替えたら声かけて」
「分かった」
私はぱっと見て印象的なピンクのドレスを選んだ。
着てみるとちょうどいい。
大きな鏡もある。
まるで私じゃないみたい。
テンションが上がった。
「エリオット、もう大丈夫だよ。どうぞ」
「分かった」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. それから私は亮介に案内してもらった。そこは豪華な部屋。部...

  2. 僕は田中さんの為にドレスの作り直しを始めた。これは簡単なも...

  1. ウェディングドレスは、甘くなり過ぎないデザインのもの。ビ...

  2. カラードレスと靖友のタキシード選びに、再度サロンに足を運んだ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3