一生忘れることのできない恋

前回のブログ、誤って削除してしまいました。また私を探してくれた皆様に感謝です!

  • 記事数 488
  • 読者 1758
  • 昨日のアクセス数 1260

駅のホームで~ミユ side~

しおりをはさむ

2017/09/05 13:08:33

  • 296
  • 0

あまりに突然なことで
なにがなんだか分からなかった。






頭が真っ白になった。



腕をぐっと捕まれたと思ったら

目の前で……
乗っていたはずの電車が
ものすごい音をたてて去っていった。


そして私はそれを
HIROの胸のなかでぼんやり見つめていた。





ただ、さっきまで怖くて無口で
ぶっきらぼうだったHIROの胸の中は
すごく温かくて冷えきった身体がすごくホッとした。











心臓がおかしくなりそうだった。


HIROに抱き締められて、きっとHIROにも私の鼓動が伝わってるにちがいない。
全身が心臓になったみたい。
息苦しいくらいドキドキしていた。





でもそれはとっても幸せな息苦しさだった。













あぁやっぱり私はこの人が好きだ。









この人がいいんだ。










そう思ったら
自然と腕がHIROの背中に回った。

















HIRO、好き……。








手に力が入る。










HIROも私と同じ気持ちで
いてくれてるの……?










電車が去って静かになって
HIROは私のことをさらにきつく、優しく
抱き締めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 話3

    11/20

    『………………。』なんだなんだ?部屋のなかが、...

  2. 胸キュン

    2016/03/13

    胸キュンは、心臓がドキドキ💓したり血圧が上がって息が苦しく...

  1. 椎名さんは重そうな営業バッグを下げてやって来た。...

  2. 『……そーいや、HIROは彼女……どうなったの?』...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3