官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 788

#3 電話で初めて2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/05 00:49:02

  • 15

テツは、だんだんと目が覚めてきていた。


しかし、甘々モードを解除するつもりは、サラサラない。


あの純粋な未央が、全てをさらけ出そうとしてくれている。


テツには、それがとても嬉しく、興奮する気持ちを掻き立てた。


テツも今まで見せなかった別の一面を未央にさらけ出したいと思った。


テツ「未央‥布団に入って、電気消せる‥?」

甘くねっとりしたような声で話すテツ。



未央「う、うんっ(ドキドキ、ドキドキ)」



テツ「‥横になって、目を瞑って‥」



未央「うんっ、瞑るね‥(ドキドキ、ドキドキ)」



テツ「未央…」



未央「うん(次は何だろう‥ドキドキ、ドキドキ)」



テツ「好きだよ‥」


ちゅっ‥


テツは、もう一度、改めて囁く。


未央「 !!」「うんっ、私も‥大好き‥」


未央は、そっと耳元で囁くテツの声に興奮して、自分の手の甲に何度もキスをした。

ちゅっ‥ちゅっ‥んっ‥ちゅ‥

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. テツ「…ん?…寂しいの…?未央…?」未央「う、うん、寂...

  2. テツ「…ん、未央?」未央「あ、ぅん、した…ぃ。かな…...

  1. 未央「ちゅっ…ちゅっ…」テツ「ん、ありがと‥ 未央、...

  2. It was devastating news - powe...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3