ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2460
  • 読者 656
  • 昨日のアクセス数 36386

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/08 00:57:20

  • 91
  • 0

渉が産まれる前の日。

頼むで、兄ちゃん。

そう言って抱きしめられたのが…最後。

俺は、あれ以来…親父の腕を拒否し続けてきた。

親父…こんな腕してたんだっけか?


「甘え過ぎてたな…ホンマ…」

…この歳で親父に抱きつかれるとか…

恥ずかしくてたまんねーよ。

…早く終わらせてくれよ…


心の中で、毒を吐いてる俺の目から。

有り得ない涙がこぼれた。

…何なんだよ…


「俺…おまえらのためなら…ホンマ…もう、音楽やめてもええ…」

俺をギュッと抱きしめたまま、親父が言った。

…やめられるかよ。

出来もしない事、言うなよ。

「普通の…普通の親父になれるよう…努力する…」

花束を持った母さんが、親父の背中を摩った。

「…バカね。真音から音楽を取ったら、カッコいい所なんかなくなっちゃう。」

「…せやけど…お…俺は…今まで…好き勝手やらせてもろて来たやんか…もう…」

…ああっ、もう…

俺は、ガシッと親父の背中に手を回して言う。

「まだまだF'sで頑張んなきゃいけないんだろ?今まで母さんに我慢させて来た分も、そっちでもっと頑張れよ。」

「…光史…」

「ただ…もっと家族の内側を見てくれよ…優しいだのなんだの…上っ面だけじゃなくて…」

「……」

「母さんも俺も…こんな事をずっと根に持つような、根暗な人間なんだぜ?」

俺は、親父の身体は引き離すと。

「負い目があったから文句も言わなかったんだろうけど、ちゃんと叱れよ。」

ちゃんと…目を見て言った。

「…そしたら…家で一緒にセッションしたり…してくれるか?」

「…何だよそれ。別に家じゃなくても…」

「家でしたいねん。」

「……」

「昔みたいに…るーの前で、ギター弾きたいねん…」

「…ええ歳こいて、アホちゃうか。」

俺はそう言って、花束を親父に押し付ける。

「ふっ…なんや…その関……」

止まらない涙をゴシゴシと拭く親父は、言いたい事も最後まで言えない状態。

「あたし、父さんとお兄ちゃんのセッション聴きたい。」

鈴亜が俺と親父の腕を取って言って…

「…楽しみが増えたわね。」

母さんが…渉と腕を組んで言った。

「ははっ…ホンマ……ふっ…」

涙が止まらない親父に、瑠歌用に三枚用意していたハンカチを取り出して押し付ける。

「…もうちょい…優しゅうしてくれ…」

「…甘え過ぎ。」

「光史~。」

「ちょっ…抱きつくなよ…」


こうして…

何だかよく分からないけど…

俺と瑠歌の結婚披露宴は、朝霧家の関係修復の宴のようになってしまった。

だが、瑠歌は…

「あたし、すごく幸せ。本当の家族の一員にさせてもらえるなんて…本当、幸せ。」

何度も…そう言って笑顔になった。


俺達は式の後に新婚旅行に旅立ったが、旅先から連絡を入れると…

『あ、光史?待ってね。みんなに代わるから。』

母さんは…嬉しそうな声。

『お兄ちゃん?今どこ?お土産にネックレス買って来て!!可愛いやつね!!』

鈴亜は耳が痛くなるような大声。

『兄貴?瑠歌さんに迷惑かけてない?しっかり頑張れよ。』

高校一年の渉は、生意気にもそう言って。

『光史~、はよ帰って来いや~…』

…親父は、気持ち悪いぐらい甘えた声で言った。


旅行から帰って、久しぶりに事務所に行くと。

「いい式だった~…もう、涙腺崩壊。」

「……」

「本当、良かった…朝霧さんと光史の抱き合ってる場面、ドラマみたいだった。」

「……」

「しかし、まさか里中さんとはな…」

「……」

「光史、感動シーン、ばっちり写真撮ったからな。」

「あのなあ。」

式から一ヶ月経ったのに、メンバーはまるで昨日の事のように言う。

「頼むから、もうやめてくれ。」

「どうしてよー。感動だったのに。」

聖子は頬を膨らませたが、そうしたいのはこっちだ。

事務所を歩けば…

「聞いたぞ。感動秘話。」

知らない奴からも…そんな事を言われる。

「でも良かったじゃん。俺は式の翌日、里中さんにお礼言いに行っちゃったよ。」

センがそんな事を言って、俺が驚くと。

「えっ、センも?あたしと聖子も行ったのよ?」

「えっ、知花達も?俺も行った。」

「えー?僕も…」

「……」

なんだかんだ言って…

俺は…

「…大家族だな。」

小さくつぶやくと。

「何。子だくさん計画か?」

陸が隣で笑った。


「…おまえ、来週覚えてろよ?」

さあ…俺は終わった。

次は…

陸の結婚式だ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3