官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 796

#3 欲の処理9

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/04 18:22:07

  • 15

テツ「…ん、未央?」



未央「あ、ぅん、した…ぃ。かな…。」


未央は、だんだんと小声になり、恥ずかしそうにモジモジとし始めた。


テツ「じゃあ、…する?」

テツの甘ったるい声は続く。



未央「え!!? あ…ぁ、ぅん…」



テツ「ふっ…かわいい」

テツはフッと笑って言う。少し、いじらしい。


未央は顔が真っ赤になる。


テツ「未央…?」


未央「うん…?」


テツ「…キス、したい?」


未央(わわわわわわっ)
「ぅ、うん」


テツは昨日と同じように自分の腕を少し吸い込んで音を出す。


テツ「ちゅっ…」


未央「////////////」

未央は、恥ずかしいのと、ドキドキするので精一杯だ。


テツは続けて音を鳴らす。


テツ「ちゅっ…ちゅっ…ん、ちゅっ……どう?」


テツのいやらしい声のトーンは続く。


未央「//////////うん、嬉しいっ/////////」

未央は照れ臭そうに返す。


もう未央の大事な部分はジンジンしている。

自分でもハッキリわかった。



テツ「ん、そう… 未央は?」


未央「あ!うん!」


未央はどうしていいのかわからないので、とりあえず口で音を出す。


未央「ちゅっ」


テツ「うん、ありがと‥未央、自分の腕に唇当ててみて…?ちょっとキスしてる感覚になるよ…」


未央(そうなの!?)


未央は自分の腕に唇をつける。


テツ「目を閉じて、吸ってみて」


未央「ちゅっ…」

(わ、なんか、言ってること、わかるかも)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. テツ「…ん?…寂しいの…?未央…?」未央「う、うん、寂...

  2. 未央「ちゅっ…ちゅっ…」テツ「ん、ありがと‥ 未央、...

  1. テツは、だんだんと目が覚めてきていた。しかし、甘々モー...

  2. was sure having… Girls Time…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3