ブログランキング17

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3338
  • 読者 726
  • 昨日のアクセス数 14052

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/07 11:03:20

  • 79
  • 2

「最初は全然俺にもそんな気はなかった。」

酒の力も手伝ってか…

兄は少しずつ話し始めた。

「どうして。」

「歳が離れてたからだよ。」

そう言えば、兄と彼女の歳は…俺とさくらより離れてる。

だが、何度か見せてもらった遺影以外の写真は、年齢より落ち着いて見えた。


「一度、結婚をせがまれた事がある。」

「えっ?」

さすがに…驚いたし、もしかしたら相手が違うのか?とも思った。

「それで…どう答えたんだ?」

「もちろん断ったさ。申し訳ないが、都合のいい相手は欲しかったが…結婚なんて、余裕の欠片さえなかったからな。」

「……」

「…誰にも必要とされない人生は嫌だ…って泣かれたよ。」

誰にも必要とされない人生…

そう言われると、それは…やはり容子なのだろうか…と思わなくもなかった。

「だが、他の男との間に子供が出来たから、別れると言って…一方的にフラれた。」

「え?」

「結婚をせがんだクセに、他にも男がいたのかと思うと…悔しい気もしたが…都合のいい相手として見ていた俺には、彼女もそうするしか割り切る術がなかったのだろうな。」

兄はそう言うと、溜息まじりに。

「美しい女だったが…いつも寂しそうで可哀想だった。」

どこか…懐かしむように遠くを見た。


兄の中では…その女との束の間の恋は、美しく儚い物だったのかもしれない。

それを…崩す気にはならなかった。

この様子だと、兄はその女性が人妻だったとは知らなかったようだ。

…今更、夢を壊す事もない…。

兄には…何も告げまい。


俺が…貴司から精子をくれとせがまれた時。

貴司が言った。

「私は全く気付いてなかったが…容子の素行を怪しんでいた母が、探偵を雇って調べていたんです。」

貴司の言う『全く気付いてなかった』は…容子の浮気にではなく。

母親が、貴司以上に容子の素行を怪しんでいた事だ。

「そして…母はその結果を、ずっと…私に打ち明ける事なく、一人で抱えていたんです。」

その結果…とは。

兄の陽路史と、容子がホテルのロビーで会っている写真と…

兄と…誓と麗のDNA鑑定。

俺は、貴司からそれらを突きつけられた時、かなり動揺した。

兄には…敵が多くいる。

兄にとっては、隠し子なんて嬉しい誤算にしか過ぎないかもしれないが…

俺は困る。

色んな輩に土足で桐生院に踏み込まれて、さくらの幸せを壊されたくないし、高原はどうにでもなるとしても…

麗達を傷付けたくない。

それに…

一つゴシップが生まれると、根こそぎ調べられる。

…俺達は、叩けば埃が出る。

良家に隠された秘密…

それだけじゃない。

さくらの…あの事件の事や、二階堂の事…


「私が…あなたと付き合っていく上で、何か不都合が生じた時に…使えばいい…と、母から渡された物です。」

貴司は、書類の事を…そう説明した。

全ては…母親が用意した物だ…と。

貴司はそれで、俺の精子を手に入れた。

だが、母親には話していないはずだ。

なぜなら…母親は、誓と麗は容子がよそで作った子供だと知っている事になるが…

貴司に精子がない事は知らないらしい。

母親をガッカリさせたくない貴司は、それだけはどうしても…打ち明けられなかったと言った。


貴司と母親は…常にバディのようであり、だが…どこか相手を思いやり過ぎて、秘密の多い関係のようにも思える。

…もっとも…

そんな秘密を手の内に隠し持って、誰かを動かすなんて事自体…間違っているのだが。


「今更だが…一度ぐらい結婚しておくんだった。」

兄が苦笑いしながら言った。

「今からでも遅くないんじゃ?」

「ふっ…親父が死んだら考えよう。」


兄の顔を見ていると、何も知らない事に感謝さえした。

そして、今日…周子が久しぶりに笑った事。

「兄貴。」

「ん?」

「乾杯。」

「ははっ。何にだよ。」

「いい夜だと思って。」

「…そうだな。おまえとこうやって飲むのは、初めてだ。」


今日は、さくらの誕生日だ。

今も…リトルベニスに旅立てなかったあの日を思い出すと、苦い疼きが残るが…


今は…さくらの、今の幸せを…

何があっても、守りたい。


---------------------------------
相関図がさらに複雑に…( ´Д` )
すみません!

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(99歳)ID:6595681・09/07

    ココロさん
    ありがとうございます😊
    兄のヒロシさん、この方もいつかサクッと書いてみたいです。
    しかし書きたい人物が多過ぎて、私が生きてる間に全部書けるのかどうか…^^;

  2. ココロさん(77歳)ID:6595562・09/07

    ヒカリさん、こんにちは♪

    誓&麗の父親が、なるほどここで繋がるのですね。
    妙にスッキリしました(^-^)

    いつも更新ありがとうございます(*^^*)

関連するブログ記事

  1. 今日の俺の席は、貴司の会社の上層部と同じテーブル。SHE...

  2. 42nd 81

    09/17

    それからの我が家は…いい事が続いた。麗がお習字で表彰され...

  1. 「…さくらに、もう一人産みたいと言われました…」夜景の見...

  2. 42nd 58

    09/16

    「…きれいな桜だこと…」入学式が終わって、私は一人…早め...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3