ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2369
  • 読者 654
  • 昨日のアクセス数 35276

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/06 15:42:04

  • 76
  • 0

「…はあ…」

あたし、溜息をつきながら…公園を歩く。

別に目的もないまま…家を出てしまった。

だって、家に居たら…どんどん来るお見合い写真を見続けなきゃいけないから。


…そりゃあ…お見合いするって言ったのは…あたしよ。

だけど、どれだけ写真を見ても…

同じ顔にしか、見えない。


…最後に陸さんに会って…三ヶ月が経った。

今でも忘れられない…

耳元で…『織』って呼んだ陸さんの声…

…今も…織さんの事…好きなのかな…


あたしはと言うと…

誓と彼女がデートのたびに、ハイテンションになってたあの頃が嘘みたいに…

頭の中、陸さんの事だらけ…

忘れたいのに…

あのキスとか…ギュッとされた事とか…

思い出すと…胸が締め付けられる。

忘れられないよ…


だけど…織さんになんて、かなわない。

陸さんがあたしを抱いたのは、織さんとそう出来ないから…身代わりだっただけ。

なのに、一人で思い出して悲しくなるなんて…ヤダよ。

もう…忘れる。

絶対、あのお見合い写真の中から、いい男を見付けるんだから。


公園を突っ切って、本屋に入った。

そう言えば…姉さんのバンドの特集号が出るって言ってたっけ。

もう出てるかな。


あたしは並ぶ音楽雑誌の表紙を見ながら、『SHE'S-HE'S』の文字を探した。

あ…あった。

「SHE'S-HE'S…ラブソング特集…」

…よりによって…そんな特集?


姉さんのバンドは…顔も名前も出してない。

だから、あたしがこれを見たって、陸さんを思い出す事なんてない。

インタビューの頭文字なんて…気にならないもん…

…Rって…

絶対…リョウとか…そう思われたりするんだよ…


つい、陸さんのインタビューばかり読んでしまって、ダメダメ…って、ページを進める。

すると、歌詞のページになった。

…姉さんの歌詞は、全部英語。

残念ながら、あたしはそんなに英語が得意じゃない。

だけど親切な事に、下に訳詞がついてる。

あ…それも姉さんが訳したんだ…


「……」

うちは、音楽を聴く習慣がない家。

今はテレビもラジオもステレオもあるけど、昔はそれらもなかったって聞いた。

お父さん、映像の会社の社長なのに、見たり聞いたりする事に興味なかったのかな?


あたしは…

ずっと、誓と二人で音楽を聴いてた。

初めて買ってもらったラジカセを前に、二人でうつ伏せになって…歌詞カードを眺めて意見交換もし合った。

TOYSを聴き始めた頃、あたしの誓への想いはピークに近くて。

くっついていられるのが嬉しくて…毎日のように聴こう聴こうって…


心の底から欲しいと思うものを見付けた

それは合わせる手の平で伝わった形のないもの


これ…デビューのキッカケになったって言ってた曲だ。

これが流れるたびに、義兄さんが自慢するんだよね…

知花が俺に作った歌だぜ。って。

姉さんは少し迷惑そうだけど、義兄さんてほんっと…姉さんの事愛して止まないんだろうな…

…羨ましい。


誰かを想う気持ちを押さえ付けても

それは忘れた事にはならない

忘れるために好きになって

いつか思い出になるのを静かに待つだけ


その隣のページにある曲…

…これ、義兄さんと別れた時の作った歌なのかな…

歌詞ページには、あたしの好きなバラード。

姉さんのバンドはハードロックバンドで。

確かにすごくカッコいいんだけど。

うちには、ハードロックは厳しいお年寄りもいるわけで…

でも、このスローな曲は…お父さんもおばあちゃまも、優しい顔をして聴く。


忘れるために好きになる…そんな恋もあるのかな…

あたし、思い出に出来るのかな…

強引だったけど…思い出すとドキドキしてる。

陸さんの腕や…少し乱暴な言葉や……キス…。


あたしは…





忘れるために、結婚する。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3