ブログランキング16

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3339
  • 読者 726
  • 昨日のアクセス数 14052

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/06 13:48:30

  • 85
  • 0

「…悪かったな。」

「いいっすよ。」

俺は…裏口から桐生院に入った。


今日、午後から貴司から誘われていたが…貴司が急な仕事で帰れなくなった。

そこで…俺もまた日を改めようと思っていたが…

千里が。

『親父さんから聞きました。俺、今日は午後からどうにでもなるんで家に居ます。来て下さい。』

そう、電話をくれた。

「…いや、遠慮しとく。」

『じゃ、さくらさんに出かけてもらいます。それでどうですか?』

「…出かけるかな。」

さくらは、昔から家に居る方が好きだった。

裁縫をしたり、料理をしたり…家の近くで見つけた何かで、色々楽しんでいた。

桐生院に行ってからも、そうだったようで…

想像以上の出不精だと、貴司がボヤいていた。


が…

『今から口説くんで、すぐ事務所を出て、裏口に車を停めて待っててください。』

千里はそう言った。

半信半疑ではあったが…千里の言う通りにしていると。

「お待たせしました。どうぞ。」

裏口に到着して数分後には…千里が、迎えに来てくれた。


千里に続いて廊下を歩く。

すっかり…桐生院の人間になったな…と、千里の背中を眺めた。


いつもの大部屋と呼ばれている部屋に行くのかと思ったら、広縁で。

聖と…千里の娘の華月は、バスケットに入った状態で眠っていた。


「……」

二人の前にしゃがんで、顔を眺める。

華月は…俺の孫で…

聖は…

いや、聖は…貴司の息子だ。

俺は、自分の孫と…親友の息子の出産祝いに来たんだ。


「…二人とも、可愛いな。」

目元がほころぶ。

聖は…黒い髪の毛で…

眠っていても、さくらに似ているのが分かる。

「同じ日に産まれたから、華音と咲華はこいつらも自分達と同じ双子だと思ってるんすよね。」

「なるほどな…そう思っても不思議じゃない。」

「みんな成長すると共に、ややこしい関係図に頭を悩ます事になりそうっすよ。」

「ははっ…間違いないな。」


それから…静かな時間が流れた。

千里は本当に、ここの庭が好きなのだろう。

俺が華月と聖を交互に抱き上げるのを、たまに見向きはするものの…

ずっと、俺に背中を向けて庭を眺めていた。

そうかと思えば、いつの間にかお茶を入れてくれていたり…

泣き始めた華月を抱く姿は、すっかり父親だった。


それから…

千里が華月を。

俺が聖を抱いて、ミルクを飲ませた。

…まさか、千里と並んで、こんな事を…な。

「…なんすか?」

俺が小さく笑うと、千里も少し笑ったまま顔をあげた。

「いや…F'sの神千里が、娘にデレデレになりながらミルクやってる姿を目の当たりに出来るなんてな…」

「俺も思ってたとこっすよ。Deep Redの高原夏希の貴重な姿、ドキドキしてます。」

「俺はもう、普通のじじいさ。」

「じじいって呼ぶにはまだまだっすね。孫がいるようには見えません。」

「…こいつらのためにも、いつまでもカッコいいじーさんでいなくちゃな…」

腕の中の聖は…とても小さく思えた。

だが…間違いなく、かけがえのない存在だ。

ここ数日の忙しさの疲れも…すっかりなくなった気がする。


「…ありがとな。」

さくらがいつ帰るか分からないと思って、キリのいい所で帰る事にした。

「親父さんが気にしてたんで、良かったです。」

「貴司にも連絡入れておくよ。」

「ありがとうございます。」

千里に礼を言って、裏口から出る。

そして、華月や聖の重みを思い出しながら…

また、事務所に戻った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    20時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18241 / 読者数 4109

  2. 2

    When love ...

    10時間前

    リノ

    記事数 694 / 読者数 1360

  1. 3

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 42nd 81

    09/17

    それからの我が家は…いい事が続いた。麗がお習字で表彰され...

  2. 「お帰りになられるのですか?」披露宴の後、会場を出ている...

  1. 42nd 55

    09/16

    相変わらず…祥司さんは帰ったり帰って来なかったり。貴...

  2. 「……」さくらが持たせてくれた紙袋を開いて…しばらくそれ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3