アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 184
  • 読者 65
  • 昨日のアクセス数 63

「復縁する」という言葉の意味。

しおりをはさむ

2017/09/05 19:26:44

  • 7
  • 0

当時を振り返ってみて感じることは、
「復縁する」という言葉の意味は人によって違うのだなぁ、ということ。
分かりやすくまとめると、

○彼
人妻よりもロザーナの方が良い女だった。
だから、人妻と別れたしロザーナのところへ戻ろう。

○私
結婚を約束していた二人が寄りを戻すのだから、復縁=結婚。

このくらい、彼と私の復縁には温度差があったと思う。
それは、今だからよく分かる。
当時は復縁出来た、ということに舞い上がっていて、そんなことには気付かなかった。
この温度差は結局、復縁してから別れるまでの3年弱、ずっと埋まらなかった。
埋まらなかったからこそ、最終的に別れたんだろうな。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 昔の歌じゃないけど、彼が本当に戻って来てくれるなら、私はいつ...

  2. 今の会社を辞めるの嫌だ拗ねまくる彼は頑張ってい...

  1. 彼にプロポーズされたのに、受け入れなくてお別れしたっていうバ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3