アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 179
  • 読者 62
  • 昨日のアクセス数 1443

彼とのメールラリー。

しおりをはさむ

2017/09/04 10:00:37

  • 3
  • 0

「メールありがとうございます。
また連絡が来て、嬉しいです。
何日か夜勤が続くので、○日(メールを出した時点で5日後)の深夜勤上がりでいかがでしょうか?」

「○日の9時だね、了解。
病院の裏口まで、迎えに行くよ。
何が食べたいか、考えておいてね」

「○○駅の近くに、素敵なイタリアンレストランを見つけました(レミさんの店のこと)。
夜しか開いていない店ですが、いかがですか?」

「それなら夜まで、ショッピングセンターにでも行こう」

その日、家で昼寝をしてから彼にメールをすると、こんな感じでメールラリーが続いた。
彼にメールが送れて、彼からも返事が来る。
こんな当たり前のことが、当時の私にはすごく嬉しかった。

メールラリーは約束の前日まで続いたものの、どうしても確信には触れられなかった。

「人妻とは、どうなったの?」

それはやっぱり、メールではなくて彼の口から直接聞きたかった。
彼もメールでは何も書かないところをみると、直接言いたかったのだと思う。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3