官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 438
  • 昨日のアクセス数 1455

#3 欲の処理2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/03 09:08:32

  • 16

帰宅後、景子の言葉を思い出す未央。


景子「ちょっと、心配だな〜みたいな話して、そのあと、私でして欲しいっみたいなさー!

なんとなく濁してみて、伝わらなかったらやめたらどう?」



未央「う〜ん。」


景子「テツさんさ、朝弱いんでしょ?寝ぼけて甘えてきそうだし、それに、男の人って朝したくなるらしいよっ!早朝を狙えっ。」


景子は、とても楽しそうに話していた。



未央(確かに、一番最初にしたのって、朝だったなぁ。。。もう少し考えてみよう。)



そして、しばらく日数が過ぎ、また未央がモンモンとしてきた頃、勇気を出して、電話を掛けてみることにした。


未央(いつもは、テツが起きてからかけてくれるけど、テツが起きる前に、私からかけよう。わー!緊張するー!)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 朝の光の中仕込みもまわしもすんだあとはBGMかけて...

  2. 958

    11/16

    クッシュン、その勢いでおでこが顎にぶつかったみたい。でも痛...

  1. 我が家の朝は少し遅い。夜が遅いかわり、朝が少し遅いトモ。...

  2. 新年会 3

    2017/01/22

    朝になっても彼はいつも通りだった。寒いといってベッドの...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3