ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2460
  • 読者 656
  • 昨日のアクセス数 36386

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/05 21:41:54

  • 75
  • 0

手紙の事を思い出したあたしは、中の間の人体図鑑をこっそりと開いた。

…あるある。

そして、もう一度…じっくりとそれを読んだ。

…チョウさんと、中岡さんが…容子さんを殺した。

そして、首謀者は…『あなた』よ。

桐生院の中の、誰か。


これを読んだ知花は体調を崩した。

…て事は、知花?

まさかねー…

だって、容子さんが亡くなった頃って、知花は寮生だったし…まだ子供だよ。

て事は…

お義母さんか、貴司さん…

…そんな事するかな?

何のために?

て言うか、チョウさんと中岡さん、いくら首謀者に頼まれたからって、そんな事しないよ。


「…トリカブトを煎じた物をお茶に混ぜ…」

トリカブトねえ…

あれって、根っこの部分に毒性が強いから…使うとしたら、根こそぎ手に入れなきゃだし…

そもそも、容子さんてどれぐらいの期間病気だったんだろ。


「……」

あたしは手紙をまたそこにおさめて、大部屋に向かった。

ベビーベッドでは、聖が寝てて。

ノン君とサクちゃんも…その傍らでお昼寝してた。

キッチンにお義母さん。

テーブルに冬休み中の誓。


「…ねえ。」

とりあえず…切り出してみよう。

「うちに、トリカブトってある?」

あたしの言葉に、すぐさま振り返ったのは…お義母さんだった。

「…何ですか急に。」

「推理小説で出て来たから、ちょっと興味あって。」

「……」

お義母さんはタオルを手にしたまま、無言であたしを見てる。

…どうしたの?

そんな物、ないって言ってよ。

「昔あったよね。」

誓がそう言って、お義母さんを振り返った。

「…ほんの少しだけ、ありましたよ。」

「へえ~…毒の花でしょ?庭に植えてたの?」

あたしが座りながら問いかけると。

「鑑賞用のやつは、毒性が弱いんだって。」

誓はお義母さんからあたしに視線を移して言った。

「そうなのかい?」

その誓の言葉に…お義母さん…その反応、怪し過ぎるんだけど…

「え?おばあちゃま、知ってて買ったのかと思ってた。」

「あれは…長井さんが持って来た物ですよ。」

「鑑賞用の花ばかり入れてた、ビニールハウスに置いてたよね。」

「……」

お義母さんが何も言わなくなった。

だけど…あたしは…一つ気付いた。


お義母さん。


誰かがトリカブトを使ってたって…

気付いてたんじゃ…?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3