ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2458
  • 読者 655
  • 昨日のアクセス数 35512

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/04 14:09:52

  • 84
  • 0

一緒に暮らしとる間の千寿は、音楽と彼女の事で幸せいっぱいやった。

躓く事が多少あっても…そこから目を背ける事なく、真っ直ぐに立ち向かった。

そんな千寿に…俺は、恥じん親父でおりたい…て、奮起させられた。

…ホンマ、救われた。


全て、俺が壊してもうた。

そう思い続けたまんまやったけど…


『父の…素敵な仲間に拍手をお願いします。』

セレモニーが始まって、廉の娘、瑠歌が一人ずつをステージ上に呼んだ。

俺、臼井、八木、誠司、勇二、るー。

そして…涼。

涼は、なかなかステージ上に上がって来ぃひんかった。

会場が少しざわつき始めて…瑠歌が客席の一点を見つめて。

『お願いします。早乙女涼さん…前に来て下さい。』

そう言うた所で…

着物姿の涼が、ゆっくりと歩いて来た。


涼が来てたんは…誰に聞かんでも、分かった…言うか…

何となくやけどな。

何となくやけど…

あー、あの辺におるんちゃうかな。

そんな感じで、俺は振り向かんといた。

その、何となく…あの辺かな思うてた所から、涼が歩いて来たもんやから…

俺は、いっぺん下向いて笑うた。

臼井以外には、ホンマ…めっちゃ久しぶりに会う。

そん中でも…

涼とは、あの日…あの日以来や。


着物姿の涼は、当然やけど振り袖やない。

俺が見た、キラキラしたような綺麗な振り袖やなくて…

上品な奥様いう感じやった。

まあ…当然やな。

早乙女を継いでるんや。

…ホンマ…俺ら、住む世界違い過ぎたんやなあ…


「それでは、ここで曲を聴いていただくんですけど…」

俺らが一列に並んだ所で…瑠歌が言うた。

「実は、浅井さんたちにも秘密にしてたことがあります。」

「…秘密?」

俺はキョトンとしたまま瑠歌を見て、隣の臼井を見た。

臼井は首をすくめて『聞いてない』と一言。

「父は、曲に併せてプロモーションビデオも作っていました。」

会場から、歓声が上がった。

が…

俺は…口が開いたままやった思う。

廉が…プロモーションビデオを…?


「それでは…ご覧下さい。I WISH」

瑠音の言葉と共に、ステージのスクリーンに映像が映し出された。

曲は…瑠歌のリクエスト通り、俺と臼井でギターとベースのパートを録音して。

ドラムは、あれ以来叩いてない言うた八木の代わりに…

瑠歌を連れて来た責任として、光史に叩いてもろた。


ステージの端に移動した俺らは…戸惑いを隠せんかった。

涼と俺が終わりを迎えて以来…誰も繋がらんかった。

その仲間が、今…

廉のセレモニーに、こうして集まった。


スクリーンに『I WISH』の文字が浮かんで…

曲が始まった。



いつでも笑っていたいって

そりゃあみんな思うさ

だけどそうもいかないのが人生ってやつでさ

悲しかったり 苦しかったり

行き詰まったり 立ち止まったり

もがいてばかりの時 俺は思い出すんだ

あの笑ってばっかだった自分と

その時間を共にした仲間たちを


思い出にしがみついてるって?

そうかもしれないな

でもそんな人生があったっていいだろ

これから輝くために

過去に励まされる事があっても


なあ笑ってくれよ あの頃みたいに

少しずれたオルガン みんなで首傾げてさ

明日がどうかなんて誰にも分からないから

せめて今日は最高の笑顔で

みんなが幸せでいられるように


俺は祈るよ 俺は祈るよ

またそうやって笑える日を

俺は祈るよ

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. ママ友の発言にドン引きした
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3