ブログランキング14

STORY BOX

お話を中心に書いてます

  • 記事数 2171
  • 読者 756
  • 昨日のアクセス数 13760

あの日の自分を探して…63

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/09/02 21:01:26

  • 57

………









ふと頭によぎったのは


沢渡くんを

私の家には
上がらせられない…


私は出海と付き合ってる

出海だって


沢渡くんじゃなくても
男性は


私の家に入って欲しくないはず


「沢渡くん…話あるなら…

悪いけど…
駅前のファーストフードか
スーパーのフードコートで聞くけど

ダメかな?」


「もしかして…
三谷と付き合いだしたの?」


ドキッ…


「…うん。ごめん…
明後日…学校に行ったら

沢渡くんに話そうと思ったの。」



「はぁ…そうか…

一歩遅かったかぁ…」


悲しそうな顔で
見つめられた…


「ごめんなさい…」


私は頭を下げて謝った

結局…私は最低だ…


沢渡くんを振ってるんだもん…


心の奥が痛くて
辛かった…


告白するのだって
ドキドキするはず


それ以上に振ることは辛い…


「!!」


歌…もしかして
出海に振られたから


事故にあったの?!
まさか飛び出したんじゃ…


そんなはずはない…


あれは…
信号無視した車がぶつかったって
言ってたから


歌の不注意じゃないはず…


「高岡さん?」


「…ん?」


「顔色、良くないけど…
大丈夫?」


「あ…ごめん。大丈夫…」


「じゃあ…
僕…帰るね…」



私の横を通り過ぎる…沢渡くん


「わざわざ来てもらって…
ごめんね。気をつけてね?」


沢渡くんが振り返って


「高岡さん…

僕と今まで通り…友達として
付き合ってね?」



「えっ?イイの?」


「高岡さんさえ良ければ…」


「勿論だよ…学級委員も一緒だし。」



沢渡くんは
少し元気になったみたいで


私に手を上げて
帰って行った…









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. ………僕は…何処をどう歩いて...

  2. ………私は沢渡くんに向かって話す...

    STORY BOX

    • 58
    • 0
  1. きみが僕を呼び出した深夜2時寒くないの?肩を抱...

  2. 41st 59

    09/12

    「もう…邑さん、人の仕事をそういう風に言うの、カッコ悪いって...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3