ブログランキング55

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2329
  • 読者 565
  • 昨日のアクセス数 5322

金髪《328》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/04 16:46:12

  • 58
  • 2

☆ボクはそれでも恋をする☆       





ユウジは相変わらずの金髪でギターを
弾く姿は芸術的だった。

演奏を終えたユウジはタクミを見て、ニコ
っと笑った。

同好会のメンバーはユウジの視線の先を追い
そこにストバスのタクミがいることに、驚き
を隠せない。


「ストバスの梶ってシンビジウムと知り合い?」

「どんだけ、顔広いんだよ」


それは、エリスの策略です……by 神


ユウジはポイッとギターを返し、あたふた
するメンバーをほったらかして、タクミの元
へやってきた。


「よぉ、久しぶり」

「は、はい」

「お前、なんか垢ぬけたな」

「ユ、ユウジさんは、変わりなくキラキラ
してますね」

「プッ、面白れぇな、お前は」


と、短くなったタクミの髪をかき混ぜる。


「ユウジさん、なんでこんなとこにいるん
ですか?」

「は?ここの学生のお前がそれを言うか」


きょとん


「お前んとこの学祭実行委員会から、演奏の
依頼があったんだよ」

「へぇ~」

「へぇ~って失礼なやつだな。こうみえて
売れっ子だぜ、俺は」

「自分で言っちゃいます?それ」

「き~さ~ま~」


ユウジはゲラゲラ笑いながら、タクミの頭を
抱えこみ、つむじをげんこつでグリグリする。


「痛い、痛い!なんかデジャブ~」

「るせー!芸能人だぞ!俺は!」

「はい、判りましたぁ~助けてぇ~」

「本当に判ってるかぁ、ドーム満員にできる
ミュージシャンだぞ」

「はいぃ!」

「ワールドツアーだってやったんだぞ」

「はいぃ!」


頭を抱えていた腕を首におろし、至近距離
でタクミの顔を見た。


「逃がした魚はデカかったろ、ハハハ」

「別に逃がしたわけでは…」

「あのまんま俺と付き合ってたら、有名人の
恋人だぜ」

「恋人は普通でいいです」

「チッ、つまんねぇな。でも、タクミらし
くていいわ、ハハハ」


ユウジは相変わらず、ユウジだった。






〇(* ̄▽ ̄)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6594344・09/05

    アメジストさん

    ありがとー!
    ありがとー!
    ありがとー!

    by ユウジ

  2. アメジストさん(37歳)ID:6593868・09/04

    素敵✨素敵✨素敵すぎます‼️

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3