ブログランキング35

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2442
  • 読者 583
  • 昨日のアクセス数 6302

誰?《327》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/04 16:43:40

  • 38
  • 6

☆ボクはそれでも恋をする☆       





翌日に学祭を控え、ストリート系の面々も
デモンストレーションの最終練習にかかる。

ストバス同好会は、アメリカ帰りのシンに
来てもらい、本場のバスケを見せつつ、
ギャラリーとバスケをする。


「タクミ!」

「シン、明日はよろしくね」

「おう、お前から連絡来た時は、とうとう
アイツと別れたって言うのかとおもったぜ」

「シン、怒るよ」

「ハハハ、冗談」


タクミに依頼されたシンは、二つ返事で
手伝ってくれることに。

その傍らでストリートミュージシャンが
最終練習をしていた。


「へぇ、うまいもんだな…」


タクミは店でいろんなバンドの演奏を聞いて
いたので、耳だけは肥えていた。

少し離れたところに座って、聴いていると
突然演奏が止まる。


「ん?」


立ち上がってバンドの方を伺うと、帽子を
かぶった2人の男が同好会のメンバーの
前に立っていた。


「誰?」


メガネをかけブリッジをキュっとあげ、
目をこらしてみるが、誰だか判らない。

タクミはこっそり同好会の後ろへ回り込み、
その2人が誰だか確認しようとした。

もう少しで顔が見えそうなところまでくると、
片方の男がキャップのつばをクルッと後ろ
へ回わす。

すると、眩しく輝く、金髪が見えた。


「えっ?」


そして、ギターを取り上げ、今演奏していた
曲を弾き始めた。

同好会のメンバーが驚いたのはもちろん、
タクミもその音の差と弾いている本人に驚いた。


「ユ、ユウジさん?」


金髪の男はヒットチャートの最先端をいく
シンビジウムのユウジだった。






同じテーマの記事

コメント6

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6594343・09/05

    アメジストさん

    もう少し遊ばせていくので
    楽しみにしててね。

  2. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6594342・09/05

    ジゼルさん

    わーお、ユウジさんの人気
    すごいなぁ。

    ボク恋の世界でも人気
    あるのに、リアルボク恋の
    読者にも人気あるぅ♡

  3. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6594341・09/05

    マイコさん

    総出演ですぞ(笑)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 街について車を降り、皆んなで2人がいつも流しをするというポイ...

  2. 2章優雅なキミの美しさ豪華絢爛波打つ袖の舞踊り...

  1. 津軽じょんがら節という民謡を聴いて津軽三味線をはじめ...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3