官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 434
  • 昨日のアクセス数 729

#3 ロンリープレイ5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/03 01:14:54

  • 14

未央は自分の気持ち良いところを見つけた。


未央の手はクリトリスを攻める。


少しずつ、少しずつ、早くなっていく。


未央「あっ、はぁっ!あっ!気持ちいいぃ‥」


グチュ‥グチュッグチュッ‥


未央「あぁっ!っんん‥ふぁぁ‥はぁん!


やばい‥やばいよぉぉ、テツ…!」


妄想のテツ「未央‥イきたい?」


未央の指は、とても早くなり、激しくなった。


未央「テツ、はぁっ‥!あんっ!イきたいっ‥

テツッ!あっ!あぁっ!はぁっん!イクッ!

イッちゃう!テツっ!テツっ!!!んはぁっ!」



未央は初めてのオナニーで、クリトリスで絶頂を味わった。


未央「はぁあ‥はぁ、はぁ‥」



未央(テツ…私、いけないことしちゃってるかな…?少し虚しい…)



そのまま眠ってしまった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「じゃあ、そろそろ挿れるよ?」そして、ちひろが入ってきた...

  2. 私の首の下に腕を差し入れて、ぎゅうっと抱きしめながら奥を...

  1. 「えっ…ちひろ?」「ふふっ、あんまりミユキが気持ち良さそ...

  2. にゅちゅ、にゅちゅっ と音を立てて、テツのそれが入る。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3