官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 530

#3 ロンリープレイ3

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/03 01:14:39

  • 15

未央の手は下へ伸びていった。


少しアソコを触ってみた。


クチュ…


トロトロに濡れていた。


未央「やだ、こんなに濡れて‥」


未央は直接触ることをためらい、自分のパンツの上からなぞってみた。


未央「んっ‥あっ‥はぁ‥」


少しずつ、パンツに愛液が染みて、パンツも濡れてくる。


未央(どうしよう、気持ちいい。テツに触って欲しい)


妄想のテツ「こんなに、濡れて…未央、いやらしい‥触って欲しいの?」


優しいテツの声がいじらしく未央に問いかける。


未央(やだ‥恥ずかしい。でも触ってほしいよ‥テツ‥)


未央は、パンツの横から恐る恐る手を入れてみた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. そして、胸を揉みながら、再び唇に舌を入れてキスをする。...

  2. もう私のは自分でもわかるくらいに濡れていたパン...

  1. 優しくキスをしてくれて、優しく胸を揉んでくる。服を捲し上...

  2. 「…。」テツ(もう無理だ。)テツは、また未央のお...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3