官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 696

#3 高木の気持ち2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/03 01:14:12

  • 16

デスクに戻った高木。


高木(俺のプレゼントであんなに喜んでくれるとは思わなかったな〜)


高木は勘違いをしていた。

上機嫌で過ごした。



一方、デスクに戻った未央。



椅子を引き、座る。



景子「未央、なんだか嬉しそうじゃん。何かあった〜?」


ニヤニヤ顔をした景子が話しかけてくる。


未央「うん、実はさ〜‥♪」



起こった出来事をすべて話した。



景子「それは、羨ましい♪彼氏帰ってきてくれるなんてロマンチックー♡

てか、ねぇ、高木って、もしかして未央のこと好きだったりして…」


未央「え!?そんなこと、あるわけないじゃん!」


未央(まさか、ないない。だって、私にテツがいること知ってるし。)


景子「どうだろうね〜♪」


景子は勘が働く。高木を影で見守ることにした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. It was devastating news - powe...

  2. 「表に立って華々しい活躍をしている人はいいんだ。それより...

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. ・ 分をわきまえない ・ ・ 分際を弁えない ・ 厚かま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/19 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3