ロールさんのブログ

日々の生活

  • 記事数 910
  • 読者 231
  • 昨日のアクセス数 858

お父さんと

しおりをはさむ

2017/09/01 21:49:10

  • 26
  • 0

母に電話。

「留守番電話に転送します…」



機会音が流れ、メッセージも残さず電話を切った。



実家に行くのに、母が在宅しているか確認だったのだが、居ないなら居ないで済ませられる用事だったので、1人車を走らせて実家へ。


車を停め、車から降りたタイミングで玄関から父が出てきた。


「こんにちは!お父さん久しぶり!元気?」

「おぅ、まぁまぁかな?お母さんから聞いてたよ。渡すものもあるし、時間があるなら上がって行くかい?」

「うん。時間はあるよ。少しだけ上がって良い?」

「どうぞ、どうぞ!何か飲むかい?」

そう言って、父が勧めてくれた先には、冷蔵庫(笑)


缶コーヒーや、ジュース、お茶が入っており、セルフで好きなの持って来い的な。


「コーヒーいただきま〜す!」

そう言いながら、リビングへ。


「そうそう、これ京都の土産。」


父が手渡した紙袋には


『広島 もみじ饅頭』



……………(΄◉◞౪◟◉`)




父さん、今京都の土産って言ったよね?
私には広島土産の様な気がしますが…。
とうとう、認知的なのが来ましたか?


と、心の声。



よく見たら、中身は八つ橋が入ってて。

どうやら、皆んなで少しずつ分けたようで、手頃な紙袋が、もみじ饅頭の物。



や、ややこしい…( ̄∇ ̄)




父と色々話しをしてたら、睡魔がきて大欠伸をしたら


「少し昼寝でもしていったら良いさ。」


と。


遠慮無く横になり(笑)夢の中へ。



無駄に声も掛けられないから、スッキリ目覚めて。




母が居たら、父ともゆっくり話せなかったから、今日の時間は貴重だったかも。




「気を付けてな!」

「うん。またね!」

「おぅ!」





お父さん、ありがとう。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. No.485 両...

    2015/08/08

    【ダメ…。寝ちゃいけない!ダメだよ…。寝るな!】ちょっ...

  2. 私は父の車に乗り込んだ。太陽の光が眩しく感じた。初夏...

  1. 実家の手伝いに行ってる私達。手伝いに来るのは伯父さん...

  2. 『ひなちゃん、本気だからね?今日ひなちゃんのお父さんにもちゃ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3