祈り

過ぎた日々

  • 記事数 455
  • 読者 134
  • 昨日のアクセス数 226

2017/09/01 14:21:15

  • 13
  • 0

父も夫もお酒は飲まないので
酒呑みさんは彼だけ。

すこしづつ酔うにつれ
饒舌 になり
無邪気になってく。
そんな彼に惚れてた。

胃がなくなってしまってから酔いが早くなってたみたいで、晩酌したら夜中まで眠りの中の彼。

酒に逃げてる

再発のことも老いのことも自宅のこと
私のこと、何も考えたくないのね。


お酒贈るのは、最後にしよう。

1日の終わりに
美酒を呑ませてあげたかった。
独り暮らしだけど
私はあなたに寄り添ってるよ、、、、

そんな気持ちで
癌になるまでは毎月、送り届けていたけれど。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 激流

    2016/12/09

    過去は全て水に流そうこれからは、夫と2人で残りの時間を楽...

  2. 激流

    2016/12/28

    夫は、地域や組合の役員をしていて月に何度か、夜の会合がある...

  1. 晩酌

    08/01

    今夜もほろ酔いです夫の病は、アルコールの摂りすぎは厳禁...

  2. お酒

    2017/01/11

    みなさんはお酒好きですか。私は下戸ですが、飲める人が羨ま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3