ブログランキング25

♡咲夜の小部屋♡R18♡

快楽責めメインの妄想小説。夜のお供にどうぞ。今回はクンニがメインです(//∇//)

  • 記事数 348
  • 読者 703
  • 昨日のアクセス数 8198

淫戯(いんぎ) 9

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/02 03:52:27

  • 36
  • 0

「茅愛姫のおっぱいは、ホント俺好みなんだよな。 大きさもちょうど良いし、イヤラシイからすぐに立ってくるし。」


そう言いながら、衣緒理にやわやわと胸の形を変えられると、その先っちょへと快感が伝わり、乳首が立ってきたのが分かる。


「ほらね、もう硬くなってコリコリだよ。」


今度は乳首を指先で弾きながら、衣緒理が笑う。


たったこれだけのコトなのに、もう身体がビクビク跳ねてくる。


「はあ…っ、あっ…、んっ…、ああっっ!!」


私の口からは、甘ったるい声も漏れてくる。


すぐに高みへと押し上げられ、頂きはすぐにやってくる。


衣緒理の唇がピンクの尖りを吸い上げる。


「ひいぃっ…、はあっ…」


また、イカされてしまった。


こんな些細な刺激でイク位、敏感になっている身体は、衣緒理の唇や舌や指先ですぐにまた連れて行かれる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 陽向のキスがだんだん激しくなってくる。舌を絡め合い、私...

  2. その日は、一度では終わらなかった。汚れたシーツを替えて...

  1. 「ああっっ……」乳首全体を口に含まれ、ねっとりと舌でイ...

  2. 何もかも洗い流された黒髪うっすらと施した化粧を洗い流され...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/23 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3