ブログランキング40

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1023
  • 読者 391
  • 昨日のアクセス数 5928

Sunshine 20

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/09/01 11:57:01

  • 22
  • 0

「お疲れ様。何か手伝う事あるかな?」

子ども達を他の職員さんが寝室に連れて行って、手持ち無沙汰になった僕は沙和ちゃんに声をかけた。

「いえ、大丈夫です。今日も朝からありがとうございました」


丁寧に頭を下げてくれるけど、なんだか他人行儀に感じて寂しくなってしまう。


「どうかしましたか?」
「…いや、もうちょっと一緒にいたいなぁって」
「!!……どうして、そういう事を普通に言うんですか!?」


だって真っ赤になる顔が可愛いから……なんて言ったらもっと怒られるだろうな。
からかうのもこの辺にして今日は帰ろうかな。


そう思っていたら、目の前に食器拭きのタオルが差し出された。

「……え?」
「……それなら……手伝って下さい……」


……嬉しい。
一緒にいてもいいって事だよね?


並んで食器を片付けながら、色々と話をする。
それすらも幸せで、自分の気持ちが抑えきれなくなるんじゃないかと怖いぐらいだ。


「お兄さんがいらっしゃるんですか?」
「意外?次男っぽいってよく言われるんだけど」
「いえ…名前に『一』が入ってるから長男かと……」
「あぁ、兄も『優一郎』で『一』が入ってるんだよ」


兄は「優しい」、僕は「幸せ」
二人とも一番だからと、両親が二人ともに「一」を付けた。

早坂や大野も、彼らは名字で呼んでるのに僕に対しては「幸は幸だな」と名前で呼んでくれる。
僕はそんな自分の名前を、結構気に入っている。


「素敵な由来ですね。羨ましいです」
「沙和、も綺麗な名前だよ」
「……由来は分かりませんけど」


……沙和という名前は誰が付けたんだろう。

本当の両親?施設の人?


それを……気にならないと言えば嘘になる。
沙和ちゃんの事なら何だって知りたいのが本音だ。


でも僕は、何処まで踏み込んでいいのだろうか?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3