官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 358

#3 誕生日セックス6

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/01 00:05:49

  • 33

今日は久しぶりのことで夢中になり、ゴムを付け忘れていた。


未央を降ろす。


未央は、そばにあったティッシュを見つけて、しゅしゅっととって、テツの白いものを包むように受け止める。


そして、ふたりは抱き合った。

ぎゅーっと抱き合う。


少し汗ばんだ身体に、またいやらしさを感じた。


しばらく抱き合うと、テツは未央にちゅっと音をを立ててキスをした。


そして、唇を離し。



テツ「未央、可愛いよ」

と言って、再び抱きしめた。



未央は嬉しくて、ふふっと微笑む。


そして、ふたりは、シャワーを浴び、布団に入った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 裸で抱き合うふたり。またキスが止まらなくなる。濃厚な...

  2. 朝から

    2017/07/13

    裸のまま眠った。当直明けの遼ちゃんも、頑張って運転した私...

  1. コウキの唇は柔らかくて。私は緊張でがちがち……「っ...

  2. 崇と何年ぶりかの キス懐かしい 唇何度もキスをした ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3