官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 437
  • 昨日のアクセス数 327

#3 誕生日6

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/09/01 00:04:25

  • 18

テツ「まぁまぁ、ボストンの話はこの辺で。未央、これ。」


テツは袋から箱を出した。きれいに包装され、大きな赤いリボンが付いている。


テツ「誕生日プレゼント。気に入ってくれたらいいんだけど」


テツは少し不安そうに笑う。


未央「え!わー!なんだろ、ありがとう!」


未央はリボンをほどき、包装紙を丁寧に開けた。


箱の蓋を開ける。

カタッ‥


未央「わぁー!!可愛いぃ!!」


中にはヒール靴が入っていた。


ベージュよりも少し薄い、どちらかと言うと、アイボリーに近い色で、光沢のある靴だった。

清楚系のデザインで、靴の先はほんの少し柔らかなアーモンドトゥ。リボンの飾りも付いている。


未央「ありがとう!すっごく気に入ったよ!嬉しい〜っ!毎日履く!!明日から楽しみーっ♪」


未央は手に取り、靴を抱きしめたあと、改めて嬉しそうにそれを眺めていた。持ち上げて角度を変えると、電球の光が当たって輝いた。


テツ「よかった。見た途端、一目で決めたよ。絶対似合うと思った。」


テツは今度は自信を持って笑った。嬉しそうな未央を見てテツも嬉しかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「ありがとう!開けていい?」「どうぞ。ちなみに、花束より...

  2. 席に着くと、陽一先輩は「これ、開けていい?」と言い、...

  1. 229.

    07/27

    レンの家に帰り着いたリビングに入りコートを脱ぐふぅ〜...

  2. 「かのんにプレゼントがあるんだ」「えっ?」私から体を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3