官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 437
  • 昨日のアクセス数 327

#3 誕生日

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/31 13:40:06

  • 19

未央の誕生日がやってきた。


テツからの電話はない。


未央「はぁー。」とため息をつく。


未央(テツ、わたしの誕生日、忘れちゃったのかな。)


(最近、電話も減ってきて、メールの返信も遅い。)


(もしかして、わたしのこと、もうどうでもよくなっちゃったのかな)


(もしかして、向こうで誰か別の女の子に出会って、そうゆうことして…それで、楽しく暮らしてるのかな…)


(だから、満足して、私のことなんて…)


未央はテツのパーカーを抱きしめた。


だが、テツのパーカーは、もう未央の匂いしかしない。


未央「ねぇ…なんで…なんで電話もくれないの…テツ…どっかに行っちゃうの…?」


ううううううっっっ…

涙が溢れてきた。


未央「寂しいのは、私だけなんだ…きっと…


テツの声が聞きたい…


抱きしめて欲しい…


会いたいよ…テツ…」

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 忘れない

    2014/11/19

    「そう言えば、こないだKさん、すごい喜んでましたよ。ちゃんと...

  2. HappyBirth...

    2016/11/09

    今日は、Darlingのお誕生日です。いつもどおりの暮らし...

  1. 深夜のラーメン屋デートをしてから会社ですれ違う時など声を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3