官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 435
  • 昨日のアクセス数 570

#2 誕生日がくる2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/31 01:32:57

  • 21

高木は、アルーシュに立ち寄り、何をあげれば良いのか迷った。


高木(ネックレスがあるんだから、ピアスにするか?てか、あいつ、ピアス空いてたっけ?まぁいいや。)


店員「いらっしゃいませ。プレゼントですか?」


高木「えぇ、まぁ。」


店員「彼女さんにですか?でしたら、こちらが良いと思います。」


高木(いや、違うんだけどさ、まぁいいか。)


店員が勧めてきたのは、金の縁だけで出来た三角形の飾りに、もうひとつ、黄色のキラキラと輝く三角形の石が付いているものだった。歩くと2つが揺れる仕様だ。

少し綺麗めな大人っぽいデザインである。


高木「よし。じゃあ、それで!」

(あいつ、これで笑ってくれるかな!)


高木は嬉しそうに、小さな袋を持って家に帰った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「ありがとう!開けていい?」「どうぞ。ちなみに、花束より...

  2. いや

    05/09

    剛さんはピアスを閉じろという私に剛さんが付けていた...

  1. 「絶対着らんって‼︎」「まぁまぁ…。ええからええ...

  2. テツ「まぁまぁ、ボストンの話はこの辺で。未央、これ。」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3