官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 788

#3 誕生日がくる

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/31 01:27:48

  • 14

ある日、高木は、未央のことを考えていた。


高木(あいつって、何が好きなんだろ。)


デスクに座って、仕事中にもかかわらず、両手を頭の後ろで組んで、ぼーっと考える。


高木(あ、そういえば、アルーシュのネックレス付けてたっけ。)


アルーシュとは、テツが未央にプレゼントしたネックレスのブランドだった。


女性に人気があることで有名だった。


少し値段が高いので、男性からプレゼントされることも多い。


高木は、テツからの贈りものとは知らない。

帰りにアルーシュに立ち寄ることにした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. It was devastating news - powe...

  1. On July 1, 1867, Canada became...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/21 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3