官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 530

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/31 01:25:14

  • 14

そして、ふたりは、よく飲むようになった。

未央も、高木といると気が紛れた。


未央「最近、彼氏との電話が減ってきちゃってさ、忙しいのはわかるんだけど…ちょっとね…」


高木「何、もしかして冷めてんの?まぁ、仕方ないよなー、時差あるし。
‥それよりさ、佐々木って、誕生日、いつ?」


未央「えー?私は、5月3日だよー。あーそっか、誕生日もひとりだー。」


はぁー、とため息を吐く未央。


高木「ふ〜ん。」


特に興味のないようなそぶりをして、ビールを口にする。


高木(もう、すぐじゃん。)


高木は、寂しがる悲しそうな未央を見ているのが辛かった。


高木(どうにかして、俺が、寂しさを埋めてやりたい…)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 2016年3月に肺炎。2015年のmy Birthda...

  2. 意外や意外!意外と上手にクリスマスカードが出来上がった...

  1. 返事

    05/08

    誕生日おわった誕生日プレゼントが届いた電話する約束は...

  2. 10月。私の誕生月。お店では女の子の誕生日の日にも...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 友人の子供を注意してもいいか
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3