ブログランキング6

官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 209
  • 読者 317
  • 昨日のアクセス数 34193

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/31 01:20:11

  • 12

店を出て、未央は駅に向かおうとする。


高木は、この駅が最寄りのようだ。


高木「じゃ、また明日。」


未央「うん。じゃあねー。」


軽く手を振り、歩き出す。


高木は反対方向へ歩き出したが、振り返り、大きな声で未央を呼ぶ。


高木「なぁ!佐々木!寂しいなら、俺暇だから、また飲もうな!」


未央は振り返って、微笑む。


未央「うん、ありがと」


そして、ふたりは、帰路を辿った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. キスをして、未央の肩を抱き寄せる。真冬の風が、スーッ...

  2. 裸で抱き合うふたり。またキスが止まらなくなる。濃厚な...

  1. テツは、3時間くらい眠っただろうか、朝が来た。いつの間...

  2. 未央「ねぇ、テツ…いつ行っちゃうの?」テツ「うん、それ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3