ブログランキング46

【小説】ボク恋~カオル編~

性懲りもなくBLです。BLとは男と男が愛し合うことです。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2554
  • 読者 608
  • 昨日のアクセス数 4567

ヤダ《322》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/01 22:56:13

  • 57
  • 2

☆ボクはそれでも恋をする☆       





センジが触れている腕をバッと引いた。


「ケン…」

「俺はセンジさんよりオジサンだし、かっこ
よくもない。性格もひねくれてるし、稼ぎ
だってない。こんな俺にマジだなんて、信じ
られる訳ないだろ」

「そうかもな。でも、ここ1か月くらい
一緒に暮らして、一緒に仕事して、ケンの
いいとこドンドンみつけっちゃったんだよ」

「ウソばっか」


センジは使った道具を片付けながら、
話を続ける。


「ケンは一途だし、人前ではちゃらけて
るけど、影では一生懸命仕事してた。
ニコニコしてる顔が可愛くて、年上なの
に、可愛くてしかたないんだよ」

「…んだよ」

「俺さ、カオルさんみたいに、支店を任せて
貰えるように頑張るから、俺と一緒にいて
くれないか?」


救急箱を横によけ、ケンスケの両手を握る。


「ヤダ」

「……」

「ヤダヤダヤダヤダ。あっちゃんみたいに
ならないで!」

「!?」


急に自分の胸をポカポカ叩くケンスケに
驚く。


「あんな冷徹な店長やだ!センちゃんには
もっとあったかい店長になって欲しいの」

「カオルさん、冷徹か?」

「そうだよ。俺にばっか」

「プッ」


センジは泣きそうなケンスケを胸に抱き
よせる。


「だったら俺はケンに甘々の店長になる。
カオルさんとタクミさんみたいな」

「もう、あの2人と比べないで」

「ハハハ、すまん」


センジは体を少し離して、ケンスケの顔を
覗き込んだ。


「ケンがつらかったら、店、やめてもいいぞ。
ホールチーフって役職任されてるから、それ
なりのサラリーあるし」

「俺、主夫になるの?」

「家事できんの?」

「無理」

「教えてやる」

「やだ」

「おいおい」


ケンスケは赤くなった顔を隠す。


「センジさんともう少し働きたい」

「いいのか?」

「うん」

「もうリストカットなんてするな、約束だぞ」

「はい」


ケンスケは顔を上げ、触れるだけのキスを
センジにした。







〇(*´-`)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6592733・09/02

    ニノンさん

    登場するキャラたちを気に
    してくれて、ありがとう。

    みんな、可愛い子供みたいな
    もんだから、最終的には幸せに
    なって欲しいのよね。

    ケンスケとセンジはもう少し
    書くね。これじゃほかっぱ
    過ぎだから(笑)

  2. ニノンさん(99歳)ID:6592426・09/01

    センジさん、いい人だー(*´∀`)

    この二人、いい意味で
    たっくんとカオルさんと重なるというか
    ちょっとこの二人の今後も
    あれこれ見てみたいなーなんて…
    でも結局ボク恋の登場人物はみんな
    今どうしてるのか気になるのです(笑)

関連するブログ記事

  1. ☆ボクはそれでも恋をする☆       センジを...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       騒然とす...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       「カオル...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       ホールに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3