ブログランキング55

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2326
  • 読者 563
  • 昨日のアクセス数 5322

包帯《321》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/09/01 22:53:42

  • 40
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





センジのマンション


「いででででで」

「こら、大人しくしてろ」

「マクロンしみるからやだ」

「嫌だったらこんなことするな、アホたれ」


ボロボロになったケンスケの左腕を消毒
している所だった。


「センちゃん、怖くないの?」

「血がか?」

「違うよ。俺、検査なんて受けたことないよ」


2人は顔を見合わす。


「そっか、ケンはまだ働き始めたばかりで
定期検査受けてなかったな。ヤバいのか?」

「う~わかんない」

「来月、定期検査があるから、受けろよ」

「ヤダ」


嫌がるケンスケにセンジはため息をついた。


「お前は嫌ばっかだな」

「だって、やだもん」

「butterflyで働くなら絶対にうけなきゃなら
ないぞ。カオルさんが決めたことだ」

「ふ~ん。あっちゃんも受けるの?」

「そりゃそうさ」

「あの、クソチビも?」


センジはタクミを『クソチビ』と呼ぶケンスケ
の額をコツンと叩いた。


「そういう言い方よくないぞ」

「だって」

「また、だってかよ」


傷薬を塗ったリント布を傷口に貼りつけて行く。


「タクミさんはうけてないだろうな。従業員
じゃないし、カオルさんの恋人だし」

「ひいき!ひいき!」

「ジッとしてろ」


手の甲から順に包帯を巻き上げていく。


「で、さっきの話だけど、俺は怖くない」

「マジで?俺、ウリやらされてたんだよ」

「うん、仮にキャリアだとしても、ケンなら
受け入れられる」

「はぁ、センジさん正気?」


肘まで巻き終わると、包帯の端を金具で
止める。


「俺、マジでケンの事…」

「……やめてよ」






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3