ミユキの言いたいことがある!

キョウコちゃんの過去のお話

  • 記事数 69
  • 読者 23
  • 昨日のアクセス数 19

干渉されるキョウコちゃん

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2017/09/01 17:35:17

  • 3
  • 0

「二階に来なさい」


はぁ?また?なんかしたっけ???だるぅ。



キョウコちゃんは中学・高校の頃、両親の寝室によく呼び出されていた。
父と二人だったり、両親と三人だったりで長いこと話をしていた。
子供だった私は、
“私ももう少し大人になったら、何かお父さんたちから話があるのかな。何か大人の話をしているに違いない”
などと期待していた。実際私が呼ばれたことは一度もなかったのだけども。



無理やり塾にも行かされたが、絶対サボるから、と、送り迎えつき。教室に入るまで見届けられるという・・・。

ちなみに、ミユキは・・・塾へ行けとか、勉強しろとか一切言われたことありません。

キョウコちゃんは干渉されないミユキが羨ましい。
ミユキは目をかけてもらえるキョウコちゃんが羨ましくて仕方ない。
 ↑そんな子供の気持ち、親は知らない。
 



「キョウコ、高橋さんとこの不良娘と遊ぶのはやめなさい」

「はぁ?嫌だし」

高橋さんは近所で両親の言う“不良娘”とは同級生。二人とも親が共働きだったので放課後その子のうちで遊ぶことが多かった。
 
「どうせろくなことしてないんだろ!」

「一緒にホットケーキ作って食べただけだし!」

「あそこの娘はシンナーやってるそうだからもう行くな。お前もやってるんじゃないか?」

積み木くずし見過ぎだろ!(←時代、時代)



何から何まで制限されて・・・
話は一つも聞いてくれない。
こんな親の元にいたらどうにかなりそう。
絶対に早く家を出てやる!!!

だけど、キョウコちゃんの願いは、なかなか叶わなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3